小説「僕の彼女は中国人」

アクセスカウンタ

zoom RSS 今夜は秋の夜長に思いつくままにニュースに対する感想をつらつらと書いてみました

<<   作成日時 : 2012/10/20 01:02   >>

トラックバック 0 / コメント 0

19日は仕事もなく、することがなかったので昼寝をしました。ふと目覚めると4時間も眠ってしまいました。そのせいで、今夜はこんな時間にブログを更新します。19日は全国的に寒かったそうなのですが、そのせいで熊みたいに冬眠モードになったのかも知れません。北海道の稚内では、平年よりも3日早く初雪が降ったそうです。

さて、今回も最近のニュースの中からいくつか選んで感想を書いておきます。過去記事のコメント欄にその記事に関連するニュースの感想も書くことが多いので、ほぼ毎日、記事かコメントの形でニュースの感想は書いていますけどね。

19日に国連安全保障理事会の非常任理事国の選挙が行われ、投票直前に西田国連大使は、玄葉外務大臣から「韓国に投票することとする」という指示を受けて韓国に投票しまし、決選投票の末、韓国は2度目の当選を果たしましたことが報道されていますね。

日韓関係がよくないとは言え、隣国として付き合わないわけにはいかない経済問題や北朝鮮問題を始めとする国際情勢があるわけですから、日本の国益を考えれば韓国に投票し韓国に友好を示す表現手段として投票したということなのでしょうね。行動で話し合いをする気がある、敵意はないというメッセージを伝えようという判断が働いたわけですね、たぶん…。

日本の情報弱者の中には、それに文句がある馬鹿もいるみたいですけど…。今の日本にとって、情報弱者とそれを煽動するインチキ右翼やインチキ右翼市民団体を名乗るゴミごもこそが売国奴なんですけどね。“日本の政治家には何もできない”という評価が世界の常識ですから、最初から政治家に期待するのは論外ですけど…。

今の民主党政権は特に何も出来ない無能政権です。復興増税をしておきながら、震災とはまったく関係がないことに復興増税を財源にして大金を使うなど、馬鹿げたことをやりすぎです。官僚たちの屁理屈に追従している大臣ばかりが目立ちます。核融合なんて30年以上も前から研究していても何も進歩していないものにお金を余計に出すなんて、馬鹿げています。それを雇用の拡大に結び付けて強引に正当化しようとする田中真紀子さんも、愚かだと自分では内心で思っているんじゃないでしょうかね?彼女も官僚が書いた原稿を読まされているだけなんですから…(苦笑)

原発ゼロ政策を掲げながら閣議決定をしなかった信用ならない民主党政府は、10月19日になってようやく、エネルギー・環境会議で「2030年代の原発稼働ゼロ」を掲げた革新的エネルギー・環境戦略の実施に向けた年内の工程表を正式に了承したそうです。年末をめどに、使用済み核燃料を再利用する核燃料サイクル政策に関する検討状況の報告を行うほか、廃止を含めた原子力委員会の見直し案をまとめるとも報道されていますが、すべてが遅すぎますね。

複数の専門家によって周辺や敷地内に3つの活断層の存在が指摘されている大間原発の建設工事を中止させようとはせず、しかも、再調査すらもまだ行わせていない政府の対応は、
人々の不信感をますますつのらせるばかりです。

同じく10月19日、共同通信社は、工多能性幹細胞(iPS細胞)の臨床応用を行った日本人研究者がいるとする配信記事の誤報問題を受け、管理・監督が不十分だったとして、吉田文和常務理事・編集局長の報酬を減額とするなど計5人を懲戒処分としたそうです。謝罪広告だけで処分したという話がない新聞社よりはマシですね。まぁ、この報道をしたすべてのメディアが読者や視聴者に謝罪すべきだと思いますけどね〜

東京大学は、この研究者が行ったと主張した6例のiPS細胞移植のうちの5例は明らかに虚偽であるとして、研究者を懲戒解雇処分にし、残り1例の真偽について確認作業を行うそうです。医学的な知識がなくても多くの人が嘘だろうと思っていることを大学の名誉を守るためにも嘘であることをわざわざ確認しなければならないのは、気の毒な話ですね。

他の大学や内閣府なども嘘であることを確認する作業をするという話です。この研究者は自宅の近所の人たちに対しても、聞かれもしないのに「私は東京大学の教授になった」などといろいろな嘘をついていたというのですから、そういう人なんでしょう。自分の嘘が原因で失業しても、それは仕方がないでしょうね。

失業と言えば、なかなか就職できず生活保護も受けることができずに姉妹で餓死した例が札幌であったという報道も記憶にありますが、公務員の親族が生活保護を受けているなど驚くような事例が多々あるんですね。公務員は中小企業に勤めている人より給料が高いのに、結局は書類上の体裁の整え方が上手ければ、親族が簡単に生活保護を受けられるんですね。そんなことなら、不正受給者が多いのは、驚くべきことではないわけですね。

ちょっと古い話になりますが、先週でしたか、生活保護の受給する金額を下げる動きが国にあることに反対する人々の集まりである生活保護問題対策全国会議がマスコミにPRをする目的で記者会見をしたんですね。

生活保護受給者から「1日使えるお金は1000円なんですよ。食べるだけですよね。電化製品が壊れたとか、服が破れた場合は、替えるお金がない。人として見てもらえているのかどうか、これは疑問に感じます」という発言をしたそうです。

「1日使えるお金は1000円なんですよ。食べるだけですよね」って凄いですね。私も仕事の都合で一人暮らしをすることがありますが、1日1000円も食費に使いません。1000円もあれば、一人暮らしで自炊すれば豚肉だって鶏肉だってたくさん食べられます。かなり贅沢な食生活ができますよね。自炊なら1日500円でもOKですよね。

1日1000円が十分ではないとする人って、世間一般の庶民の生活水準を理解していない浮世離れした人か、情報弱者でしかないでしょう。どちらでもないとしたら、よほどのお金持ちでお金の苦労をしたことがない人ですよね。そういう人でもないとすれば、いい加減なことをいう嘘つきぐらいしか、思いつきません。

生活保護って、家賃は全額支給してもらえるほか、テレビや冷蔵庫、洗濯機などは別に代金を出してもらえるんですよね。しかも、医療費はただですよね。その上に8万円をいくらか超えるお金がもらえるんですよね。一日1000円を食費にしても5万円ちょっと残るわけですから、一人暮らしなら光熱費も衣服代も足りますよね。

「服が破れた場合は、替えるお金がない」って、私みたいに自分で繕えば糸と針なんて100円でも買えるお店がありますから、問題ないはずです。私は、下着だって靴下だって擦り切れるまで使います。

私は正真正銘の医師ですが、いわゆるフリー医師です。それでも生活していくだけの収入はあります。しかし、贅沢な生活はしていません。ちゃんと税金も払っていますし、国民皆保険の保険料もちゃんと払っています。でも、復興税の使われ方をみると空しくなりますね。しかし、私は医師免許があって労働できる健康状態だという理由で生活保護がもらえることはないでしょうね。治らない持病があっても、関係なさそうです。

私は、お金のためではなく、必要としてくれる人の役に立てるのが楽しいから仕事をしています。昔はお金持ちになりましたが、お金があっても幸せではありませんでした。今は、昔よりもうんと貧乏で、年収は昔の4分の1もありませんが、それでも気落ちは安定していて、何百倍も幸せです。強いていえば、妻や子どもと一緒に暮らせれば最高ですけどね。今は単身赴任で頑張っています。

来月は、中国にいる息子と妻のところに戻る予定です。香港とマカオに5泊6日の旅行に招待してもらったので、それが楽しみです。日本-中国間の旅費は格安航空券で手配しました。プライベートで外国に行ける程度の収入があるんですから、恵まれていますよね。医師として、それなりの経験と実績はありますから…。
コメントとして、追加事項や説明を記載することがあります。

読者コメントもよろしくお願いします。

コメント記入欄はそれぞれの記事を書いたページの一番下の方にあります。

このブログのシステムにスパム・リンク(スパム・トラックバック)と判定された場合、なんど同じものを貼っても恒久的に反映されることはなく、自動的にシステムがその書き込み、貼り付けデータを削除します。

たまに釣れる粘着さんのコメントもシステムが自動削除します。気づかずに粘着コメントを書き込んでも誰にも読まれません。

以下の広告は無視してください。怪しいものも含まれているかも知れませんが、私は保証しません(笑)

On this site,it is no use of writting something in English,sory. The system will automatically refuse something in English.

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
今夜は秋の夜長に思いつくままにニュースに対する感想をつらつらと書いてみました 小説「僕の彼女は中国人」/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる