小説「僕の彼女は中国人」

アクセスカウンタ

zoom RSS いろんな報道がありますが、悪い話しかありませんね

<<   作成日時 : 2012/10/29 16:38   >>

トラックバック 0 / コメント 0

10月29日午後、野田佳彦首相は衆院本会議で、就任3度目の所信表明演説を行い、日本経済の再生を次の「最大の課題」と位置づけ、出来もしない課題を掲げて政権にしがみつく表明をしました。つまり、解散する気はないようです。

消費税を増税しても将来の若者や子どもたちに借金を残すことには変わりがないに、あたかも借金が消えてなくなるかのような言葉のトリックを使って多くの有権者に諦めに近いしぶしぶの同意を取り付ける形で通過させた消費増税法を今でも自画自賛している野田政権の馬鹿さ加減には、呆れるほかはありませんね。

野田総理が、「必ずこの国会中に結論を出す」と表明したのは、“出来ない”ことを示すということと“民主党に都合がいいことをしようとすること”の二つを隠蔽するという意味なのではないかと疑いたくなります。この政権を信用するお馬鹿な有権者が今でもいることが理解できないほどです。

いずれにしても、この人たちは日本国民の敵でしかありません。

大津市の市立中学2年の男子生徒が自殺した問題で、市教委は今でも隠蔽工作をしているのか、いじめの実態などを調べる市の第三者調査委員会が追加的に市教委から取り寄せた資料には多数の「黒塗り」があり、第三者調査委員会の委員から不満の声が上がっているそうです。やっぱり、クズはどこまでもクズなんですね。いろいろと言い訳をして体裁を整えることをやめないようです。

「資料では、ここを消されたら困るというところに黒塗りが多く不愉快」あるいは「いじめに関する教諭らの踏み込んだ発言の記録があっても、黒塗りになっていると、追跡調査もできない。何の権限があって隠すのか」と語った委員がいたという報道が事実だとしたら、やっぱり、大津市の教育委員会は腐りきっていると言わざるを得ないですね。

それにしても、殺人事件だの、死体遺棄事件だの、虐待だの、いいニュースがありませんね。

そうそう、“温家宝中国首相の一族が温氏の首相就任後に一族が少なくとも27億米ドル(約2100億円)の資産を形成した”とするニューヨーク・タイムズの報道があったそうですが、中国政界の内幕報道を得意とするアメリカ資本で反中国共産党、反中のタカ派の複数の中国語メディアですら、その報道内容を否定する記事や疑問視する記事を書いていますね。

ニューヨーク・タイムズも日本のメディアと同じく“報道はエンターテイメントだ”というやり口が多いようですから、当てになりませんね。それを騒ぐのは中国のメディアと情報弱者揃いの日本の馬鹿メディア、それに、そういうお馬鹿さんに踊らされる情報弱者ぐらいでしょうね。
コメントとして、追加事項や説明を記載することがあります。

読者コメントもよろしくお願いします。

コメント記入欄はそれぞれの記事を書いたページの一番下の方にあります。

このブログのシステムにスパム・リンク(スパム・トラックバック)と判定された場合、なんど同じものを貼っても恒久的に反映されることはなく、自動的にシステムがその書き込み、貼り付けデータを削除します。

たまに釣れる粘着さんのコメントもシステムが自動削除します。気づかずに粘着コメントを書き込んでも誰にも読まれません。

以下の広告は無視してください。怪しいものも含まれているかも知れませんが、私は保証しません(笑)

On this site,it is no use of writting something in English,sory. The system will automatically refuse something in English.

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
いろんな報道がありますが、悪い話しかありませんね 小説「僕の彼女は中国人」/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる