小説「僕の彼女は中国人」

アクセスカウンタ

zoom RSS 今日もニュースに関する感想を書いてみましたが、考えれば考えるほど腹が立ちますね

<<   作成日時 : 2012/10/05 13:16   >>

トラックバック 0 / コメント 2

このブログでも以前に降れた話ですが、東日本大震災の復興予算が、被災地の再建と無関係な沖縄や北海道の事業などに使われていると指摘される問題で、国会と政府が遅まきながら調査に乗り出し始めたそうです。

被災地支援のために、投入された国民の税金が無駄遣いされている実態にどこまでメスを入れられるかが課題だとの指摘がメディアや政治家からも出ていますが、説明を求められた官僚たちは「日本再生に向けた政府方針に沿って使っている」と言い張るばかりで、結局のところは、官僚のロボットに過ぎないお馬鹿な民主党政府が官僚にとって都合がいい文言を法律に盛り込んでしまうということが露呈するだけで終わってしまいそうですね。

こんなクソ政府を作ったのは、選挙で民主党を選んだお馬鹿な有権者の責任です。拝金主義的なメディアに煽動されたとは言え、やはり投票した人も投票しなかった人も責任があります。次の選挙では、選挙権を放棄することなく民主党に壊滅的な打撃を有権者が与えられるように、反民主を訴える政党の中から各自がいくらかはマシだと思える党に投票しましょう。参政権を放棄するのは危険な行為です。これ以上民主党政権をそのままにしておくと、すべての日本人が取り返しがつかない損害を被るでしょう。そうなる前に叩き潰すべきです。

それにしても、国会は今頃になってようやく調査を始めるなんて、国民を馬鹿にしていますよね。日本には”国民主権”だとか”人権”などという実態のない概念だけの言葉が横行しているに過ぎず、本当はそんなものはないわけですね。だから、原子力発電所の工事を再開してしまったわけでしょう。周辺自治体の住民の安心など無視しており、人権なんてないわけです。どの問題も根っ子は同じなんですね。”国民は生かさず、殺さず、票にさえなればよい”という政治家が少なくないのが現実なんでしょうね。官僚をはじめとする公務員は国民の下僕であることを忘れ、国民を管理しているお偉いさんになったつもりでいるわけですね。


公務員がとんでもない、と言えば、小樽市在住の作家蜂谷涼さんが15年以上飼っていた犬が今年7月末に死に、蜂谷さんが火葬後に自宅に祭壇を設けて遺骨を箱に入れて大切に保管していたところ、知人から紹介された在中国・大連の日本総領事館の出張駐在官事務所に勤務する外交官から「本を出版したい」との相談を受けて自宅に招いた際に、その外交官が、突然、拳を振り下ろして箱ごと骨を砕いたため、蜂谷は慰謝料など110万円の支払いを求めて札幌地裁小樽支部に4日提訴したそうです。

事件が起きた当時、蜂谷さんが抗議したところ、外交官は「中国では骨を砕くのが供養だ」「何でそんなに怒るのか分からない」と繰り返し、日本酒などを飲んでおり、しばらくすると眠ったのだそうです。これって、傲慢で馬鹿丸出しの所業ですよね。箱ごと砕くなんて、暴力以外の何物でもありません。こういう馬鹿な公務員がいることが理解できません。本来なら、器物破損罪としてそれ相当の処罰もするべきでしょう。こんな公務員は不要ですよね。それにしても、蜂谷さんがお気の毒です。お金の問題じゃないですよね。


東京電力福島第一原発の事故をめぐり、東電幹部や政府の原子力関係者は業務上過失致死傷のほか、震災発生直後に適切な応急措置を取らなかったとする原子炉等規制法違反などの容疑でも告訴・告発されており、震災後の対応も捜査の焦点となるとして検察局が調査をしているそうです。

それに関連して、東電が震災発生後の社内のやりとりを収めたテレビ会議の録画映像などの関係資料を検察当局に任意で提出したそうです。検察は映像などの分析を踏まえて関係者の事情聴取を進め、東電幹部や政府関係者の業務上過失致死傷容疑などについて、今年度中にも立件の可否を判断する模様だと報道されています。

さて、本当に立件されるんでしょうか?仮に立件されても、裁判所がきちんと裁くでしょうか?検察も裁判所も信用できないのではないか、と思っているのは私だけではないと思いますが…。

福島第一原発の事故の被災者の健康診断にしても、事前に秘密の打ち合わせとやらがあったとか、人心に不信感しか与えない事実があとからあとから明らかになている現実をみると、日本人に人権があるとは思えないですね。外国人に日本人を迫害させかねない異常な人権保護関連法案まで通してしまう民主党政権ですから、まったく信用できないですね。

役人も電力会社の関係者も政治家も、みんな自分の責任を大きく問われたくない、立場を守りたい、矢面に立たなくていいように騒ぎを大きくしたくない、自分の利益や地位は守りたいという人ばっかりだから、秘密主義に走るわけです。それも人間の欲望の一つの形です。


それにしても、人間の欲望は凄いですね。厚生労働省は2012年10月1日から、処方箋を出して薬局で薬をもらう保険調剤で、患者が支払う自己負担分に応じてもらえる調剤ポイントを原則禁止にしましたが、クレジットカードなどで支払った場合のポイントは容認されているのは不公平だ、と”不公平はいけないことだ”という大義名分でドラッグストアの業界団体は、国の規制の無視を公に“宣言”するなど、お馬鹿なことをやっています。挙句の果てには、”保険調剤の自己負担分にポイントを充てられないルールのため、健康保険法が禁じる処方薬の値引き販売にはあたらない”とまで必死で正当性を訴えるところが、笑えます。

調剤薬局は少しでで多くの処方箋を集めて調剤することで少しでも多くの利益をあげたいのが本音です。そのために、保険調剤ではなくても、調剤薬局で販売されている様々な商品が買えたり、景品がもらえるというポイントは、客寄せのための宣伝に過ぎないわけですから、その本音を必死で誤魔化している姿がみえみえで笑えちゃんです。

資本力があって多くのお店を持っているチェーン店なら、大量仕入れで安く商品を入荷することが可能ですから、ポイントで支払う客が多くても利益が出ます。でも、零細なお店は、そういう大型チェーン店のような利益は出ません。”本音はポイント制で客寄せしなくても、保険調剤に多くの患者さんが来てくれたら嬉しい”というのが小規模な調剤薬局の本音ですよね。

他方、医師も薬で稼ぐのではなく、診断能力や処方能力といった医師にしか出来ない技術で稼ぐべき時代ですが、それをわかっていない医師も未だに残存しているのも残念です。製薬会社のセールスマンのような処方をする医師も皆無ではありません。

話を元に戻すと、厚労省が今年の9月14日に出した「調剤薬局の選択はポイントの提供によるべきではない」とする通知は正論であり、調剤薬局は患者さんへのわかりやすく親切で正確な服薬指導や薬歴管理と情報提供、そして、医療機関への情報提供といった業務内容のすばらしさで患者や医療機関の信頼を得ることで患者数や処方箋数を集めることに専念すべきだと思います。

ですが、実際にはロボットみたいに調剤するだけだったり、有用な薬歴情報を持っているのにそれを医療機関に提供しなかったり、不親切で機械的な患者対応しかしないくせに保険点数だけはしっかり算定しているような調剤薬局も残念ながら皆無ではありません。中には不適切な説明もしくは適切とは言い難い説明をしてジェネリック医薬品を患者に薦める調剤薬局もあります。

厚生労働省の通知に反対し10月以降もポイントの提供を続けている調剤薬局には大手チェーンが多いという報道がありますが、それはまさしく、そういうことなんですよね。資本力に物を言わせ、体裁を整えるのが得意な拝金主義のクソ野郎です。それが日本社会の現実なんですね。もちろん、正当は方法で稼ぐ能力がない人にはそういうクソ野郎どもを批判する資格はありませんが、それにしてもひどいですね。

でも、そういう日本人はいろんなところにいます。だって、日本は民主主義、人権尊重という大義名分をしょった資本主義的拝金主義国ですからね。それが日本の現実です。

たかが3500円のカツカレーをどうこう批判するお馬鹿で貧乏臭い人は、この国では人生の落伍者扱いされても文句は言えない状況だということも自覚しないといけませんけどね。
コメントとして、追加事項や説明を記載することがあります。

読者コメントもよろしくお願いします。

コメント記入欄はそれぞれの記事を書いたページの一番下の方にあります。

このブログのシステムにスパム・リンク(スパム・トラックバック)と判定された場合、なんど同じものを貼っても恒久的に反映されることはなく、自動的にシステムがその書き込み、貼り付けデータを削除します。

たまに釣れる粘着さんのコメントもシステムが自動削除します。気づかずに粘着コメントを書き込んでも誰にも読まれません。

以下の広告は無視してください。怪しいものも含まれているかも知れませんが、私は保証しません(笑)

On this site,it is no use of writting something in English,sory. The system will automatically refuse something in English.

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
日本の公務員であるゴミ外交官の行為なのに”中国人に愛犬の遺骨を壊され提訴 「中国では骨を砕くのが供養だ」「何でそんなに怒るのか分からない」”というスレッドを立てた死にぞこないのボケがいる掲示板があるそうです。

凄い捏造ですね。よく生きているなぁと感心します。日本のネットには、そういう低レベルのクズどもがたくさんいるようです。

しかも、そんなクズスレッドを未だに勝手にコピー&ペーストして公開している”まとめサイト”を運営している馬鹿もいますね。

死ねば?って感じです。
矢吹 徹
2012/10/05 15:52
未着工である上関原発(山口県上関町)などの6か所の原発について「原発を新増設しない原則の適用対象だ」として着工を認めないのは当然の措置だと考えますが、それでも大間原発(青森県大間町)など着工済みの2基については、建設続行を容認するのは、やぱりおかしいですよね。新しい安全基準で審査するのが完成後になるってのもおかしな話ですよね。
矢吹 徹
2012/10/05 16:39

コメントする help

ニックネーム
本 文
今日もニュースに関する感想を書いてみましたが、考えれば考えるほど腹が立ちますね 小説「僕の彼女は中国人」/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる