小説「僕の彼女は中国人」

アクセスカウンタ

zoom RSS 今日の衆議院総選挙の結果はまだ一部しか出ていませんが…

<<   作成日時 : 2012/12/16 20:29   >>

トラックバック 0 / コメント 4

今日は、東京都知事選と衆議院総選挙の日ですね。事前投票をした人の数も前回の総選挙に比べるとかなり少なかったようです。今日の選挙でも投票率は低いようですね。テレビでインタビューされた若者は”どこに投票していいのかわからないから、投票に行きません”なんて体裁を気にした言い訳をしていましたが、本音は「興味ない、どうでもいい」ということなんだろうと思えてしまいます。

「どこに入れてもだめだ」「どこに入れても同じだ」「どこでもいいよ、興味ないもん」というのであれば批判票として「白票」を入れるという手もあります。法律上は白票は無効ですが、白票の数も公表されますし、その数が多ければ政治家たちに声なき批判として、かなりショックを与えることが出来るのは間違いありません。

いずれにしても、選挙結果はそのまま受け入れなくてはいけないものです。自民党の小泉Jr.が最速で当選を決めたようですが、自民党が圧勝して民主党が退廃するのは当然だとは思いますが、民主党が50議席以上もとるとしたら日本にはまだまだお馬鹿な有権者が多いということですね。壊滅させることができないとなると、お馬鹿な第三極と連携するかも知れません。第三極と呼ばれる政党もいい加減ですから…(笑)

日本維新の会が30議席以上をとるとしたら、やっぱり日本の有権者は民主党に政権を執らせた時の失敗を学習できていないマスコミに煽られる馬鹿が多いということになりますね。

東京都知事には猪瀬さんが当選確実だという話も午後8時過ぎには出ていましたが、頑張って欲しいですね。彼は数少ないまっとうな政治家だと思います。人々の期待を裏切らないで欲しいと願います。

自民党の安倍さんは、この選挙に勝つために敢えて右傾化とも言えるような言動をしていましたが、第一党になって総理大臣になったら、それなりに軌道修正をするでしょうね。


ところで、お隣の中国の面白いニュースをたまたま見かけたので、その話を書いておこうと思います。

今日、中国西部にある青海省の当局が、キリスト教から分派した「全能神」と呼ばれる宗教集団の摘発に乗り出し、幹部37人の身柄を拘束したそうです。

この宗教集団が中国が共産党という「赤い竜」に支配されているとして、共産党の「絶滅」に向けた決戦を呼びかけていたという報道があったことを理由に、大して事情も知らない日本のネット上の馬鹿どもがこの団体を賛美あるいは擁護し、あるいは中国当局を批判したりしている例がありますが、お笑い種ですね。

この全能神という宗教集団は1990年代半ばに中部の河南省から広まった団体で、キリストが生まれ変わった「閃電」と名乗る女性が光臨して人類に審判を下すと布教しており、「共産党を絶滅させ、全能神が治める国家を打ち立てよ」と呼びかけたとされますが、実態は中国版オオム真理教と呼んでもいいカルト集団であり、中国国内でテロを計画している可能性が極めて高い犯罪集団です。

目的のためには無差別に殺人を行うことを善とする集団ですから、摘発するのは当然です。

日本のネットでは、この宗教団体に対する摘発を弾圧だと表現する馬鹿丸出しの情報弱者までいますが、そいう馬鹿にはつける薬はありませんね。

「wwwだめだ中国終わってるwww」などというコメントを某サイトのニュースに書いている、自分が終わっていることに気づいていない馬鹿もTwitterユーザーの中にもいます。

「(中国共産党より)「全能神」の方がまともに見えるのはなぜだろう」と書いているTwitterユーザーもいましたが、それはそのユーザーが情報弱者だからに他なりません。

中国においてマヤ歴による「12月21日の世界終末論」を利用してデマを流し集会を開くなどお馬鹿な活動をしている団体は複数ありますが、「全能神」もその団体の一つです。

その創始者は別のキリスト系新興教団の幹部だった趙維山であり、こいつの言動は麻原そっくりです。趙維山の野望は自分が独裁者になって中国を支配したいというだけの話です。

各地の「全能神」組織の破壊活動も活発化するとの予測から中国当局が取り締まりを厳しくしているという話は、12月に入って何度か中国のニュースサイトでも短く報じられていました。12月14日にはかなり詳しい報道も複数出ていました。

でも、日本のメディア関係者で、この宗教集団について詳しく知っていて公平な記事を書ける記者はおそらくいないでしょうね。

日本の政治家で、中国のことを正確に理解している、あるいはお馬鹿なメディア関係者よりはまともに理解している政治家がほとんどいません。特に民主党にはそんな政治家はまったくいませんから、民主党政権に中国との外交ができるわけはありません。さて、自民党はどうでしょうか?韓国についても、北朝鮮についても同じことです。

期待はしていませんけどね。
コメントとして、追加事項や説明を記載することがあります。

読者コメントもよろしくお願いします。

コメント記入欄はそれぞれの記事を書いたページの一番下の方にあります。

このブログのシステムにスパム・リンク(スパム・トラックバック)と判定された場合、なんど同じものを貼っても恒久的に反映されることはなく、自動的にシステムがその書き込み、貼り付けデータを削除します。

たまに釣れる粘着さんのコメントもシステムが自動削除します。気づかずに粘着コメントを書き込んでも誰にも読まれません。

以下の広告は無視してください。怪しいものも含まれているかも知れませんが、私は保証しません(笑)

On this site,it is no use of writting something in English,sory. The system will automatically refuse something in English.

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
やっぱり自民党が圧勝しましたが、それは自民党が良いのではなく、民主党が悪過ぎるからですね。公明党はやっぱり自民党にくっつくんですね。さすが、コバンザメですね。

民主党、維新の会はともに50議席以上をとりましたが、これは、やっぱり日本の有権者の質がまだまだだってことですね。橋下さんは参議院議員と大阪市長を兼任したいというような話をしていますが、参議院を舐めすぎですね。彼は自信過剰状態をますます加速するでしょうね。そして、お馬鹿なことを言い出すかも知れません。これから、ショーの始まりですね。

それにしても、選挙番組を見比べると面白いですね。テレビ局によって当確数がかなり違うし、それを比べるだけでも楽しめました。
矢吹 徹
2012/12/17 00:38
日本テレビ系とTBS系で放映された衆院選の開票速報番組で、落選した候補者を誤って当選確実と伝え、それぞれ訂正やおわびをしていたそうです。

該当する候補は一瞬喜んだのか、それとも他局を観ていて知らなかったのか…

まぁ、ミスもあるでしょうね。あくまでも予測ですから…(笑)
矢吹 徹
2012/12/17 14:59
12月15日に中国・河南省で起きた終末論に影響された男が小学校で刃物を振り回し、児童20人以上を含む負傷者が出た事件も「全能神」と呼ばれる宗教集団による悪影響だというのは事実であることは、ほぼ確実です。

中国ではこの集団のメンバーが100名以上は拘束されてようですが、それを無理やり中国共産党批判につなげるお馬鹿さんも未だにいるんですね。
矢吹 徹
2012/12/19 16:55
中国では、キリスト教系宗教集団「全能神」への一斉摘発で、公安当局が全国各地でこれまでにメンバー1000人近くを拘束したおうですが、日本のネットユーザーには、まだまだ多くの馬鹿な連中がニュースサイトのコメント欄やTwitterあるいは掲示板などで、馬鹿なことを書いていますね。

まったく、よくやりますね。
矢吹 徹
2012/12/21 12:07

コメントする help

ニックネーム
本 文
今日の衆議院総選挙の結果はまだ一部しか出ていませんが… 小説「僕の彼女は中国人」/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる