小説「僕の彼女は中国人」

アクセスカウンタ

zoom RSS 今日は朝から、「日本のテレビ局などのメディアは信用できなし、レベルが低い」ってことが再確認できました

<<   作成日時 : 2012/12/21 12:01   >>

トラックバック 0 / コメント 0

昨日は、自宅で使っている改造富士通CE11Aを三ヶ月ぶりにメンテナンスしました。フリーウェアを14本ほどバージョンアップし、Windowsそのものもアップデートしました。いつもは月1回のメンテナンスをしているのですが、サボっていたので時間がかかってしまいました。古い機種ですが、前にも書いたようにCPUを換装し、メモリも増やしたので快適に動いています。

そうそう、けしごむを買いました。
画像

お寿司セットと和菓子セットです。もちろん、日本製で、イワコーという会社の製品です。

先月、息子にサファリセットと中華セット(中国料理のセット)、それにケーキセットを買ったのですが、その続きを買ってきたというわけです。なかなか面白いと思って買ったのですが、息子も気に入ってくれています。それで、追加として2種類を買ってきたわけです。

全部で22種類のセットがあるらしいのですが、私が知っているお店には、前回、今回で買った5種類しか売られていないので、お店の人に訊ねたのですが、他の商品は扱っていないという返事でした。

そんなわけで、販売している他のお店を探そうと思っています。

さて、今日の本題に入ります。

「一人が言い、二人が言い、三人が言い、皆が言い出すと嘘が本当になるって?世界末日なんて来るわけないじゃん」という主旨の発言を張馨予もネットで書いていましたが、一部の中国企業は「末日説」にちなんだ一連の商品を面白半分の冗談のつもりで発売していたんですが、それを真面目に販売しているかのように報道している日本の馬鹿メディアもあるのには、笑わせてもらいました。

それは、今朝の話です。

中国諾亜方舟(中国のノアの箱舟)という商品は地震などの災害に対する個人用非難具として開発された商品なのですが、中国では6000万円弱もするというのに「末日説」を信じるか、信じたふりをして中国諾亜舟を注文したお金持ちたちがいたのですが、そのことを「世界末日にあやかって作られたノアの箱舟を売り込んでいる」という誤解を与えそうな形で紹介している節操のない日本のテレビ局があるのですから、爆笑すると同時に呆れました。

「流行を利用した企業の販促は面白い。企業が商品と世界の末日を故意に結びつけているのは分かっている。実際に世界の末日が訪れるかはさておき、確かに家に避難用の道具を置いておくべきだと思って購入した」というのが中国で防災グッズを買った消費者たちの意見なんですよね。

「末日説」に乗せられてフランスの田舎に金星人を自称するお馬鹿さんまで出現しているそうですが、笑わせてくれますね。いろんな国の暇な人たちなんですね。ノストラダムスの大予言で日本のメディアも稼いだことがありましたが、今回は日本のメディアは昔ほど大きく扱わなくなった話題ですが、それはそれだけ日本という国に余裕がないということも言えるんでしょうね。

中国や欧米では、旅行会社も「単なる噂に過ぎないが、多くの観光客の旅行を促している」とほくほく顔なんだそうです。

北海道ではいろんな国の旅行者を取り込もうと努力し、2年前からイスラム教徒の受け入れが出来る準備を整えている宿泊施設もあります。

北海道への中国からの旅行者が減ったのは今年の9月からですが、2年前からのイスラム教徒の旅行者を取り込むための努力を「脱中国!?」と無理やりな題字を画面に写している馬鹿なテレビ局が日本にあるのを観て、呆れました。「嘘、大げさ、偏向」満載って感じですね。

やっぱり、日本のテレビ局をはじめとするメディアは信用できないというか、レベルが低いってことを再確認できました。

面白いけしごむを集める方が、くだらないテレビを観るよりも楽しくて価値があると思います。
コメントとして、追加事項や説明を記載することがあります。

読者コメントもよろしくお願いします。

コメント記入欄はそれぞれの記事を書いたページの一番下の方にあります。

このブログのシステムにスパム・リンク(スパム・トラックバック)と判定された場合、なんど同じものを貼っても恒久的に反映されることはなく、自動的にシステムがその書き込み、貼り付けデータを削除します。

たまに釣れる粘着さんのコメントもシステムが自動削除します。気づかずに粘着コメントを書き込んでも誰にも読まれません。

以下の広告は無視してください。怪しいものも含まれているかも知れませんが、私は保証しません(笑)

On this site,it is no use of writting something in English,sory. The system will automatically refuse something in English.

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
今日は朝から、「日本のテレビ局などのメディアは信用できなし、レベルが低い」ってことが再確認できました 小説「僕の彼女は中国人」/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる