小説「僕の彼女は中国人」

アクセスカウンタ

zoom RSS 近頃の報道にますます強く感じるようになったこと

<<   作成日時 : 2013/02/19 00:37   >>

トラックバック 0 / コメント 0

先日、Windows 8でIE10で上手くFlash動画が再生できなくて困った経験をこのブログに書きましたが、意外と多くの人のアクセスがあって、驚きました。いろいろ試行錯誤をしてなんとかFlash動画が再生できるようにする方法を見つけ出しましたので、以下のURLの記事に追記として記載したことをまず報告しておきます。

IE10でFlash動画が再生できない話:
URL: http://totorohiroshi.at.webry.info/201302/article_8.html

それでは、今回の本題に入ります。

2013年2月17日、神戸市東灘区甲南町1丁目の住宅街で第2次世界大戦中に米軍の空襲で投下されたものとみられる米国製の250キロ爆弾について、半径300mの約3100世帯、約7100人に避難指示が出され、無事に不発弾処理が終わったそうです。

同じ日に、浜松市では約3800世帯(約1万人)に避難指示を発令した上で、無事に不発弾処理が行われたそうですが、こちらでは新幹線や在来線も止め、乗客1万5500人に影響したそうです。避難区域内の商業施設では、開店時間を遅らせたり、一時閉店したりする対応もとったところが少なくなかったそうです。

1945年に戦争が終わって68年ほどになるというのに、日本の国土にはまだ戦争の爪痕が残っているわけですね。不発弾処理で戦時中の恐怖感やつらい経験を思い出した高齢者も少なくないようです。これって、日本だけではなく他の国でも同じでしょう。そういう意味では”過去に起こった不幸な出来事”として見過ごしてしまうわけにもいかないように思えます。だからと言って、自国の国民の結束を固める目的に過去の戦争を利用するという手法は、視野が狭いというか、器量の小さいやり方だと思います。

中国や韓国の政治家たちや政治活動家たちだけではなく、実は日本の政治家たちや政治活動家たちの中にも、そういう卑しいやり方で自分たちの主張を正当化してきた人たちが少なくありません。日本の場合、右翼も左翼もそれぞれが都合のいい表現で理屈をこねまわして政敵を批判する道具として使ってきたわけであり、時として外交にもそういった愚かな考え方を混入させて様々な失敗をしてきたことも間違いないようです。これからも同じ失敗を続けるという愚行は回避して欲しいところですが、昨今の情勢をみていると望み薄ですね。

政府からの情報や政府の支配下にあるメディアの情報を鵜呑みにするお馬鹿さんは、どこの国にでもいます。また、政府の支配下にはなくても自らの利益や優位性のために特定のイデオロギーに偏った情報を垂れ流すメディア、つまり、いわゆる偏向報道を常に行っているメディアもどこの国にでも存在することも、ここ数年のいろいろな報道をみていれば明らかです。

最近の例では、”アベノミクス”という言葉がありますが、これは日本のマスコミが勝手に作り出した言葉に過ぎず、特別な意味があるわけではありません。はっきり言って、日本のマスコミがこぞってこの言葉に意味をもたせようと都合よく見える内容を選んで報道を展開しているに過ぎません。

その現実を感じとった視聴者の「アベノミクスって、いったい何ですか?」という問いかけに対して、その視聴者の真意をくみ取ることの出来ない頭が悪い報道関係者たちがもっともらしいい顔をして視聴者が知りたい答えとは違う”安陪総理の経済政策エコノミクスという意味の造語です”などという役に立たない解説を繰り返しているわけです。

こういう事象は”アベノミクス”だけにみられるものではなさそうです。中国や韓国、あるいは北朝鮮やロシア、はてはアメリカ合衆国やEUとの関係でさえも、本質とは違うメディア関係者たちの狭小な視野、視点による偏向報道ばかりが垂れ流されている可能性が高そうです。

どんな些細な報道でも、事実誤認や記者の推定が事実であるかのように混入していたり、あるいは逆に、重要な事実が報道されていなかったりする、そんな可能性の存在を疑ってしまいます。

どこの国でも、政治家だの政治活動家だのが信用できないのと同じように、メディアも信用できません。その隙間にあぐらをかいて国民の生き血をすっている公務員も信用できません。それが正直な感想です。

そう言った信用できない人々の話を本気にして反日活動をする人々も、反中活動や反韓活動をす人々も、所詮は同じレベルのお馬鹿さんに過ぎません。ネットでああだこうだと他国と他国の国民をけなしている人々がどこの国にもいますが、みんな愚か者にしか見えません。

中には、そういった活動を金儲けの手段としてやっているクズとしか言いようがない人々がいることも、ネットで憂さ晴らしのために騒ぐネタにしている無能な人々がいることも、どこの国も同じです。立派過ぎますね。

どこの国にもお馬鹿さんがたくさんいます。そして、そういう人たちを利用して得をしている人々もいるわけです。それぞれの国の人々にとって本当の敵が誰なのか、判りませんかね?

ところで、まだ根絶やしに出来ていない病巣でしかない民主党の議員は「アベノミクスではなくアベノマジックではありませんか?」などと的をめいっぱい外した発言を国会でしていましたね。安倍さんは補正予算案を衆議院で通過させた以外にはまだ何もしていないと言っていい状況に近いままで留まっています。ましてや、国民にとって役立つことをしたかどうかはまったく定かではありません。あくまでも言葉だけが独り歩きしているに過ぎず、それは安倍さん自身とは関係はありません。

マスコミに煽られて”アベノミクス”という幻想を信じ過ぎている人たちが将来は破産や自殺に追い込まれる可能性さえあると言ってもいいのかも知れません。それが仮に現実になったとしても、マスコミは自らの責任は取らずに安倍さんや自民党の責任にするでしょうね。そして、騒ぎ立ててまたもや稼ごうとするわけです。

私は安倍さんを支持していないし、自民党を支持していないのも以前から同じです。もちろん、民主党なんて消えて無くなるべきだという考え方もまったく変わっていませんが、今のままのマスコミも消えて欲しいですね。
コメントとして、追加事項や説明を記載することがあります。

読者コメントもよろしくお願いします。

コメント記入欄はそれぞれの記事を書いたページの一番下の方にあります。

このブログのシステムにスパム・リンク(スパム・トラックバック)と判定された場合、なんど同じものを貼っても恒久的に反映されることはなく、自動的にシステムがその書き込み、貼り付けデータを削除します。

たまに釣れる粘着さんのコメントもシステムが自動削除します。気づかずに粘着コメントを書き込んでも誰にも読まれません。

以下の広告は無視してください。怪しいものも含まれているかも知れませんが、私は保証しません(笑)

On this site,it is no use of writting something in English,sory. The system will automatically refuse something in English.

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
近頃の報道にますます強く感じるようになったこと 小説「僕の彼女は中国人」/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる