小説「僕の彼女は中国人」

アクセスカウンタ

zoom RSS 最近の報道に対する感想をあれこれと…

<<   作成日時 : 2013/02/22 12:29   >>

トラックバック 0 / コメント 2

福岡市のホームページ市民4人から「男女差別を助長する」との苦情があったことから弁護士など3人でつくる審議会苦情処理部会が検討していた上の仮想区「カワイイ区」について、同市の男女共同参画審議会は女性の容姿を連想させる表現を市に改めるよう求める答申案をまとめたそうです。

この一連のニュースを知った私の率直な感想は、「日本にはまだまだ視野が狭く、固定概念や既成概念にとらわれて先入観を優先させる人がたくさにるんだなぁ、これでは国際競争力も独自の新発想も育つのは難しいし、小学校で英語を教えても話すコンテンツを持つ人材も育ちにくいだろうなぁ…。未だに前時代的な感覚の持ち主がいるんだなぁ。そういう人に抗議をされると、体裁を気にしてバタバタと崩れたり、右に倣えという感じに対応するのも、日本の伝統的な体裁重視主義だよね」というものです。

異論のある人もいるでしょうけど、なんだかくだらない論争にしか見えないと感じる人もいれば、”どうでもいいことなのによくケチをつけるよな”と鼻で笑う人もいれば、全く関心を示さない人もいるわけです。

しかし、どう考えても、「若い女性や容姿に限られたものととらえられる。十分な配慮を欠いていた」と問題視する考え方は、近視眼的で視野狭窄的で前時代的です。率直に言って、私には滑稽にしかみえないんですよね。

まぁ、私の生活にはなんの関係もないからどうでもいいや、という人が一番多いでしょうね(笑)

篠田麻里子さんが、市の申し出を受けて2月19日付で退任する事態になったことについて、審議会は答申を待たずに対応した市の姿勢についても「審議会の趣旨をくみ取ろうとしていない」との批判を出したそうですが、それって面子の問題も大きいように見えちゃいますね。

いずれにしても、福岡市の担当者の不手際が最も大きなトリガーになってしまったようです。だから、公務員って、ダメなんですよね。

ところで、外交関連の報道ですが、森元首相がロシアのプーチンさんと会談したそうですが、どうやら領土問題は簡単には行きそうにありませんね。おそらくロシアは極東の開発のために日本に投資国としてだけではなく資源消費国としても莫大な経済協力を求めてくるでしょう。ウラジオストックを中国が狙っていることも加わって対ロシア情勢は複雑怪奇になって行きそうな予感がしますね。アメリカへの安陪さんの訪問でやっと第二次安陪内閣が本格的に始動したって感じですが、前途多難でしょうね。個人的には、私はあまり期待していませんが…。

中国とアメリカのサイバー攻撃に関する言い争いもみっともないですね。ハッカーは攻撃しないのに、言葉の使い方も正しく理解できていない人たちが出てきて相手を非難したり、それを煽るような報道をマスコミが盛んに流したり、かかわっているすべての人々が馬鹿にしか見えません。そんな馬鹿ばかりなら、”どの馬鹿も滅亡してくれるのが一番良いのではないか?”とさえ感じてしまいます。

中国が沖縄県・尖閣諸島の周辺海域の排他的経済水域(EEZ)の境界線である「日中中間線」の日本側に「海上ブイ」を設置したそうですが、この場所を中国がブイの設置場所にすることは、国連海洋法条約と日本の国内法に違反する行為に該当するそうです。だとすれば、日本政府はその事実を国連と中国および日本の同盟国であるアメリカ合衆国などに通告し、中国に対してブイの撤去を求める声明を世界中に向けて発するべきです。その上で中国政府が撤去しない、あるいは撤去を拒否するという発言を公式にするのを待ってから、あるいは撤去期限を定めて撤去を要求し期限を過ぎてから、日本が強制撤去するという行動に出るべきです。このあたり、報道を見る限りでは海上保安庁も政府も対応が遅すぎるようですね。これでは軽く見られて当たり前です。

職務質問を装って呼び止めた女子高校生の太ももを盗撮するなど同様の手口で勤務中に約350回盗撮を繰り返して逮捕され懲戒免職処分された大阪府警河内長野署地域課巡査のようにくだらない公務員が地方にも中央にもいっぱいいる日本ですから、ただでさえ実現できないことがあり得る国民の生命の安全や国土の保全がまっとうされる保障なんて、期待する方が阿呆なんでしょうね。

”なるようにしか、ならない”と諦めるしかありませんかねぇ〜?

戦争が起きても、私は誰のことも殺しません。そんなことをするよりも、自分がどうやって生き延びるかを考える方が私にはずっと大切ですから。
コメントとして、追加事項や説明を記載することがあります。

読者コメントもよろしくお願いします。

コメント記入欄はそれぞれの記事を書いたページの一番下の方にあります。

このブログのシステムにスパム・リンク(スパム・トラックバック)と判定された場合、なんど同じものを貼っても恒久的に反映されることはなく、自動的にシステムがその書き込み、貼り付けデータを削除します。

たまに釣れる粘着さんのコメントもシステムが自動削除します。気づかずに粘着コメントを書き込んでも誰にも読まれません。

以下の広告は無視してください。怪しいものも含まれているかも知れませんが、私は保証しません(笑)

On this site,it is no use of writting something in English,sory. The system will automatically refuse something in English.

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
ミケランジェロのダビデ像とミロのヴィーナス像、高さ約5メートルの2体の像が去年の夏、島根県奥出雲町の公園などに設置されました。町は「一流の芸術作品として教育的価値がある」と説明していますが、町民の中には個人的な好き気合いや客観性のない固定観念や既成概念を盾に設置反対や苦情を言うひとたちがいたり、パンツをはかせるのはどうだ、という面白い意見を出す人がいたり、半ば感情的にしか聞こえない物言いで町議会で町長に質問する町議員までいる様子がテレビで報道されていました。

この話は外国でも面白がられているそうですが、本質的には福岡市のカワイイ区の問題と同じですね。あほくさい議論です。

人類には男性と女性という性別があるという事実を子供たちに故意に隠す必要はなく、最初からそういうものだとみなしておれば、像の設置で悪影響は起きません。子ども性非行が増えたという客観的なデータもないのに、ケチをつけるのも奇異な感じがします。

ただし、ここの町長は話題になったことを逆手にとって「パンツが似合うか、ふんどしがにあうかなど、そういうことでイベントを開催することで町の活性化ができるかも…」などと発言する分は、どこどの市長さんよりもいくらか頭が柔らかくて、町民よりも機転が効く人だと言って良さそうです。

まぁ、笑い話のネタになる話題で町が有名になればそれが町民の利益につながるかも知れませんからねぇ〜

いいんじゃないですか?
矢吹 徹
2013/02/22 20:15
2013年2月23日に日本テレビ系の情報番組「真相報道バンキシャ!」で、ロシアの隕石の話題で、日本在住の中国人評論家・宋文洲という洒落が下手なコメンテーターが、「地球は非常に脆弱なもので、巨大地震も発生すれば、予測不可能な隕石も落下する。人類は細かいことでもめている場合ではない」と前置きして、「隕石が尖閣諸島に落ちてくれないかと思った。なくなればトラブルもなくなるから」と発言した件が、騒ぎになっているとは私は思わなかったんですよね。

昔、韓国の大統領が「独島を爆破したいな。こんな島がなければ、韓国と日本は仲良くできるのに」という趣旨の発言をしたことがあるわけで、それのパロディーのつもりにしても、今の視野の狭い日本ではうけないと思うけどなぁと思ってスルーしました。

女性アナウンサーが突然、画面に向かって「スタジオで一部不適切な発言がありました。失礼いたしました」と具体的にどの発言かを示すことなく発言したわけで、それは日本テレビから宋文洲氏の発言に対する批判ではなく、抗議する一部の視聴者を鎮めるための方便であることは、明らかでした。

ところが、これを日本のマスコミが大げさに取り上げたんですね。後でネットでみたら、いろんなメジャーなメディアが騒いでいました。

その結果、そういうメディアにいつも煽動されている情報弱者さんたちが、騒いでいるということもわかりました。

まるで、その昔、日本政府とメディアに煽動させれて戦争に突き進んだ小国に過ぎなかった大日本帝国の愚民達と同じような馬鹿どもにしか見えませんね。

まだ、この国にはそんなアホがたくさんいるんですね、立派な国ですね。

こんなことでは、世界中から日本が軽くみらてているのも当たり前ですね。だから、国連の常任理事国になれないんですよ。
矢吹 徹
2013/02/25 18:29

コメントする help

ニックネーム
本 文
最近の報道に対する感想をあれこれと… 小説「僕の彼女は中国人」/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる