小説「僕の彼女は中国人」

アクセスカウンタ

zoom RSS 目についたニュースについて、あれやこれやと思いつくままに書いてみました

<<   作成日時 : 2013/03/26 11:44   >>

トラックバック 0 / コメント 0

この土、日、月の三日間は重慶市のふう陵区<涪陵区>に所要があって出かけていました。そこで知人のパソコンを借りてネットにアクセスしたのですが、日本語が入力できなかったので、あらかじめ用意していたファイルをアップロードしました。今回からは、いつも通り自分のパソコンかタブレットを使います。

なぜ日本語が入力できなかったのかは、面白い事情があるので、後日、私の古いパソコンを復活させる時にでもいろいろ書きます。中国仕様と言いますか、合理的と言いますか、特殊なWindowsが存在するからです(笑)

さて、今回の話題に入ります。

紙の本をスキャナーで読み取り、自前の電子書籍を作る「自炊」の代行業者に対し、スキャン行為を許諾する代わりに、業者から著作権使用料を取る構想が、作家や漫画家などの著作者団体の間で検討されているそうです。まぁ、出版不況が長く続いており、私の知り合いが経営していた出版関係の会社も倒産したり、大きな会社の傘下に入ったりしていますから、著作者としても生活を守る方法を考えるわけでしょうね。

私は、そういう団体には加入していませんけど、まぁ、副業の一部に過ぎませんから…(苦笑)

個人が自ら使用する目的で自炊を行うことは、紙の本を自分でコピーするのと同じく、「私的複製」として著作権法で認められているわけですから、私なら代行業者は利用しませんが、実は電子書籍化するというより、部分的に保存しておくことの方が多いですね。

つまり、ノート代わりに電子化するわけです。その方が、効率よく頭に入りますから。

でも、自分のDVDはコピーしてはいけないっていうのも、変ですね。法律の改正で、私的複製は認められなくなったという話ですが、なんだか違和感を覚えます。まぁ、私の場合はモデルという名目で売春婦と変わらない色職をしているブスに興味はありませんから、DVDのコピーはしませんけど…(笑)

露骨にセクシーさを売り物にするのは、売春と大差がないでしょう。それで自家発電する男性もいるという話ですから笑えますけど、その発電では自炊は出来ませんよねぇ〜(笑)

そう言えば、その昔、セレブという言葉に乗って外国人相手の売春婦が姉妹を名乗ってマスコミにもてはやされていたような記憶もありますが、名前など明確な記憶がありません。厚化粧で整形まみれ、という印象だけが残っています(笑)

本物のセレブでい続ける人なら芸能活動なんかしなくても生活できるはずなのに、堂々と芸能活動している元ホステスのセレブおばさんもいますね。

結局はお金が欲しい、というだけの話なんでしょう。

それはそうと、劇物に指定されている亜硝酸ナトリウムの別名である 亜硝酸ソーダと書かれた紙袋が大阪府枚方市招提田近の国道に落ちていたという話も不思議ですけど、もっと不思議な記事もありました。

広島高裁の判決に続き、岡山高裁でも自民党が圧勝した昨年の衆議院選挙が違憲で無効だという判決が出たそうですが、最高裁まで争うんでしょうか?判決が出ても、やり直しはしないでしょうに…。

政治家たちは自分たちの権力を確保する思惑を優先させますから、まとまりがなく、「政治家たちの抜本改革への意欲は低く、道筋はまったく見えないのが現状だ」という記事ぐらいは、どんなに不出来な記者でも書くでしょうね。

もともと、一票の格差が出ないように選挙区を決めるのが当然でしょうけどねぇ…。まぁ、自由も平等も人権もすべてが名目だけですから、裁判所の判決がそのまま実現されるとは限らないでしょうね。選挙なんて、してもしなくてもこの日本ではあまり変化がないのかも知れません。

日本という国は、よくわからない国ですね。

でも、中にはもっとわかりやすいこともあります。

全国の繁華街で飲食店ビル「丸源ビル」を展開する不動産会社グループの脱税事件で、同ビルの81歳のオーナー法人税8億6,000万円余りを脱税した疑いが持たれていて、逮捕から、一貫して容疑を否認しているそうですが、脱税して得た資金を美術品の購入に充てていたことがわかったそうです。

すごい金額ですね。お金持ちは、すごいですね。美術品を集めるなんて高尚な趣味ですけど、それがすべて偽物だったらショックでしょうね。人はいくつになっても欲が深いことを教えてくれる人生の教科書の様な高齢者ですね。

他にも脱税している人はたくさんいるでしょうね。私のように非正規給与所得者は誤魔化しようがありませんけど、お金持ちならいくらでも体裁を整えてうまくやているんでしょうね。

この81歳の男性は、高齢になって節税を失敗して脱税になっただけで、若いときはばれないように上手く節税していたんでしょうね。だから、逮捕されても容疑をずっと否認しているんでしょう。

どんなにお金があっても、死んだらあの世へは持って行けないわけですが、それでも欲しいのが人の欲なんでしょうね。

私も、もう少し、お金が欲しいような気がしなくもありません(苦笑)

でも、財産は残しませんけどね。遺言状はもう書いてあります。誰にも相続させません。何もありませんから…(笑)
コメントとして、追加事項や説明を記載することがあります。

読者コメントもよろしくお願いします。

コメント記入欄はそれぞれの記事を書いたページの一番下の方にあります。

このブログのシステムにスパム・リンク(スパム・トラックバック)と判定された場合、なんど同じものを貼っても恒久的に反映されることはなく、自動的にシステムがその書き込み、貼り付けデータを削除します。

たまに釣れる粘着さんのコメントもシステムが自動削除します。気づかずに粘着コメントを書き込んでも誰にも読まれません。

以下の広告は無視してください。怪しいものも含まれているかも知れませんが、私は保証しません(笑)

On this site,it is no use of writting something in English,sory. The system will automatically refuse something in English.

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
目についたニュースについて、あれやこれやと思いつくままに書いてみました 小説「僕の彼女は中国人」/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる