小説「僕の彼女は中国人」

アクセスカウンタ

zoom RSS 中国のミスキャンパス:2014年6月版

<<   作成日時 : 2014/06/11 13:25   >>

トラックバック 0 / コメント 0

先日、テレビを観ていたら、”他の医者を悪く言う医者はだめだ”と言っている医師がいましたが、その医師が番組の中で話していることには不正確で大げさな話が多く、「自分が藪医者であることを隠蔽したいだけ」の目的で、そのような発言をしているのが見え見えで、権威主義的な能無し医者が多い医療業界のボス達に媚を売ることも兼ねた発言なのだということがよく理解できました。

現実には、ネット上にある医師だけのメーリングリストでは、医師が医師を批判するメール投稿は皆無ではなく、”こんなことはやるべきではない””こんな実例があるんですが、信じられますか?”などという話はしばしば見かけます。そして、本当に驚くような話がかかれており、呆れることが少なくありません。

そんな時にも、”批評するのはいかかがものか”という内容の文章を謙虚ぶって体裁しか考えていないことが明白な底が浅い話を投稿する医師がいますが、他の医師はまず完全にスルーしちゃっています(笑)

まぁ、バラェティ番組は視聴率を上げるために大げさが過ぎる話が多過ぎますし、有名無実な医師がたくさん出ていますから、そんなものなんでしょう。医療ジャーナリストと呼ばれる人たちも、質は高くありませんね。ウケ狙いの発言が目立ち、辟易とします。

出来ない馬鹿医者が少なくないことは、医療ミスの報道をみれば、解りますよね(笑)

美人だというだけでTVに出ている医師もいるようですから…。でも、私から見れば、美しい女性医師をバラェティ番組でみかけたことはありません。そもそも画面をじっくり見ることはなく、音声だけ聞いていることが多いので、なおさらみかてないのだと思いますが…(苦笑)

番組の終わりに”今日の話は各医師の個人的見解です、どうのこうの”と言い訳をするところが、真面目な番組ではなく、お遊びで嘘・大げさも入っていることの言い訳なんですね。それで責任逃れの体裁を整えているつもりなんでしょうね。”個人的見解だから”何を言っても許されるという理屈なんでしょうね。馬鹿気ていますね。


さて、今回の本題に入ります。


今年もいろんな大学でミスキャンパスが選ばれたようで、ネット上にはいろんな女子学生の画像が紹介されています。中国のミスキャンパスも20校以上から公表されているのですが、私の独断と偏見で5名だけ選んでみました(笑)

北京电影学院、表演系、四学生の李依伊さん
画像

女優のたまごです。一応、彼女が今年の中国No1ミスキャンパスに選ばれたようです。

テレビCMの”奶茶妹妹”として有名な章泽天さんは、清华大学のミスキャンパスとして今も健在です。
画像

清华大学と言えば、中国No.1の大学です。北京大学はこの10年ぐらいは全国で7-8位のレベルです。上海の復旦大学が2-3位をしばしば争っています。上海交通大学も北京大学よりも上位につけています。

广州大学、华软软件学院の杨煌さん 
画像

プログラマーのたまごです。

四川师大の姜沛佩さん
画像

先生のたまごです。

北京大学の高嘉ヨさんです。
画像

学部などの情報は公開されていないようで、見つけられませんでした。


ちなみに、ミスキャンパスは”校花”と言います。
コメントとして、追加事項や説明を記載することがあります。

読者コメントもよろしくお願いします。

コメント記入欄はそれぞれの記事を書いたページの一番下の方にあります。

このブログのシステムにスパム・リンク(スパム・トラックバック)と判定された場合、なんど同じものを貼っても恒久的に反映されることはなく、自動的にシステムがその書き込み、貼り付けデータを削除します。

たまに釣れる粘着さんのコメントもシステムが自動削除します。気づかずに粘着コメントを書き込んでも誰にも読まれません。

以下の広告は無視してください。怪しいものも含まれているかも知れませんが、私は保証しません(笑)

On this site,it is no use of writting something in English,sory. The system will automatically refuse something in English.

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
中国のミスキャンパス:2014年6月版 小説「僕の彼女は中国人」/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる