小説「僕の彼女は中国人」

アクセスカウンタ

zoom RSS 今日も中国的DQNなお馬鹿画像を紹介します(笑)

<<   作成日時 : 2014/07/14 19:22   >>

トラックバック 0 / コメント 0

子どもの頃に水疱瘡(水痘)に罹るとその後に抵抗力や体力が落ちたときに帯状疱疹という病気になることがあります。成人に多い病気ですが、高齢者になって抵抗力が落ちてくると、特になりやすいことが知られています。

先日、ある80代の男性が”他の病院で診察を受けたら、性病だ、こんな病気に効く薬なんかないと言われたが、私は清廉潔白で身に覚えがない。誤診に決まっている!”と怒りながら受診されました。

私は小児科医ですが、たまたまその日は総合診療科を担当する日だったので、その男性を診察しました。まぎれもなく、帯状疱疹でした。

普通に治療をしましたが、最初に不適切な治療を受けているので、帯状疱疹そのものが治癒しても神経痛が残り、しはらく通院してもらうことになりました。健康保険上で使用が認められている医薬品を組み合わせて、なんとか良くなりましたが、苦心はしました。

レベルの低い医師が日本には多いので呆れます。よく大きな顔をして医者をやっていますね、って感じの馬鹿な医者は少なくありません。

日本では経済学部や農学部を卒業しても医学系大学院に行けば医師免許はなくても医学博士にはなれるので、そんな称号は医師や病院を選ぶ基準にはなりません。

日本人だというだけで何の能力もない人が中国人や韓国人を軽蔑する阿呆な事例をいまだによく見かけます。ネットだけじゃなく、リアルでもいますね。日本の医師には、これらの国よりレベルの低い医師はたくさんいます。それが現実です。

さて、今回も中国人の笑いのツボを学習しましょう。お楽しみください。


熟年のおねぇ〜
画像


履くのを忘れたんだね
画像


ノーパンなんだ…
画像


勇気の大また開き
画像


ここでフェラするなって…
画像


日本の毒にあたった米国人
画像


何が最高(頂)なんだ?
画像


わたしより巨乳なのね…
画像


おとなのおもちゃ
画像


心霊写真
画像


伝説のナイス・バディ?
画像


無理やりなメイドさん
画像
コメントとして、追加事項や説明を記載することがあります。

読者コメントもよろしくお願いします。

コメント記入欄はそれぞれの記事を書いたページの一番下の方にあります。

このブログのシステムにスパム・リンク(スパム・トラックバック)と判定された場合、なんど同じものを貼っても恒久的に反映されることはなく、自動的にシステムがその書き込み、貼り付けデータを削除します。

たまに釣れる粘着さんのコメントもシステムが自動削除します。気づかずに粘着コメントを書き込んでも誰にも読まれません。

以下の広告は無視してください。怪しいものも含まれているかも知れませんが、私は保証しません(笑)

On this site,it is no use of writting something in English,sory. The system will automatically refuse something in English.

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
今日も中国的DQNなお馬鹿画像を紹介します(笑) 小説「僕の彼女は中国人」/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる