小説「僕の彼女は中国人」

アクセスカウンタ

zoom RSS 中国的DQNないろんなお馬鹿画像を今回もエロ系を中心に集めました

<<   作成日時 : 2014/08/21 20:39   >>

トラックバック 0 / コメント 0

タイにおける日本人男性による大量代理母出産の問題で、該当する男性はかたくなに事情聴取を受けることを拒否しており、自分で直接タイ警察に出頭もしていないそうです。かたくなに拒否するということは、都合が悪いことがあると解釈され、いろんな憶測が出てきてもやむを得ないことになると思われます。清廉潔白なら、自分から堂々と実名で出てくればいいわけです。

今回の出来事で、この男性は世界における日本の人権の扱いに関する評価をますます悪化させました。つまり、日本国民に対する公共の福祉を傷害したことになります。

日本国憲法では、個人の自由やプライバシーよりも公共の福祉が優先されます。この出来事の場合、メディアや個人が、それを理由に該当する男性の実名を明記して憶測記事や批判記事などを書いて公表したとしても、法的にはその書き手が男性に対して法的責任を負う必要はないと考えられます。

日本という国とその国民の国際的評価を下げるという行為をしたことが露見したわけですから、社会的に批判され、その批判を甘んじて受けるのは、日本人なら当然であると考えられます。少なくとも、日本国籍を持つということは日本社会の尊厳を損ねる行為をしてはならないわけです。

多くの日本人が持っている倫理観や道徳観、親子関係や家族間の関係に関する価値観に対する諸外国の人々の誤解や偏見を集めることで、日本人の多くに不利益を与える可能性があるということは、公共の福祉に反するものに相違ないと言えるでしょう。

タイ警察に対して”たくさんの子どもが欲しかった”と文章で伝えたものの、欲しい理由は伝えていわけですから、誰にも理解されなくて当然です。

『世界のために私ができる最善のことは、たくさん子どもを残すこと』というのが本当に男性のセリフだとすると、”自分は特別な存在で、その子孫を残すことが世界に役立つ”という妄想を持った精神疾患の患者である可能性もあり得るわけです。それを否定したいのであれば、堂々と本当のことをタイ警察に話すべきだと思います。

”プライバシーを侵害する取材・報道行為を行われた場合には、必要な法的手段をとる所存であることを申し添えます”というセリフが入った文章をその男性の日本人弁護士がメディアに配っているという報道もありますが、プライバシーを主張できないとして実名を書いている日本人による記事もあります。

しかし、この事例に対して「子どもの健全な発育には乳幼児期に親との愛情の基礎を築くことが必要。ベビーシッター任せでは、いくら栄養状態がよくてもネグレクト状態と言えます。子どもたち自身も将来、自分の生まれた経緯に納得できないのではないか。子どもがモノとして扱われているような印象を受けます」という専門家の意見がある通り、この弁護士がいう”個人の特定に繋がる情報を交えてそのような報道がなされた場合には、当該家族、特に将来ある子ども達にとって取り返しの付かない被害をもたらすことになります”が裁判所に認められる可能性があるとは思えません。

さらに、この弁護士がいう”ライフスタイルの多様化や生殖医療の発展に伴い、様々な形の家族が誕生しており、倫理上の問題を含め、話題になっています”という話からすれば、この24歳の男性の行為は倫理的に問題がないとは言い難く、弁護士の言葉が詭弁であると裁判官が解釈する可能性もないとは言えないようです。

いずれにしても、DQNというか、世界はもちろん、日本の常識や倫理観、親子関係に対する考え方にそぐわない行動であり、”法律で罰則規定も禁止規定もないから、してもよい行動であり、プライバシーの問題だ”とは言いきれない行為であると考えた方が、日本国憲法に即した考え方だと思われます。

実際、堂々と実名を書いているメディアが日本にもあるということは、この弁護士の意見を否定する弁護士や法律の専門家の意見を聞いて報道しているメディアがあると考えるべきだと思われます。

どこの誰かは私は知りませんが、私にはさっぱり理解できない話であることは確かです。


それよりも、中国的お馬鹿画像の方が、うんと理解できるし、笑えます。

では、前置きが長くなりましたが、今回もお楽しみください。



なんの練習をしてるの?
画像


やっぱり練習してるね
画像


お馬鹿な勝負
画像


おにいさんはちょっと我慢できないんだね
画像


セクハラ
画像


誘っているのか、暑いのか
画像


手術前のおねぇ〜と一緒に撮りました
画像


秘密の公園
画像


おねぇさん、無理しないで!
画像


涼しいですか?
画像


これも愛か…
画像
コメントとして、追加事項や説明を記載することがあります。

読者コメントもよろしくお願いします。

コメント記入欄はそれぞれの記事を書いたページの一番下の方にあります。

このブログのシステムにスパム・リンク(スパム・トラックバック)と判定された場合、なんど同じものを貼っても恒久的に反映されることはなく、自動的にシステムがその書き込み、貼り付けデータを削除します。

たまに釣れる粘着さんのコメントもシステムが自動削除します。気づかずに粘着コメントを書き込んでも誰にも読まれません。

以下の広告は無視してください。怪しいものも含まれているかも知れませんが、私は保証しません(笑)

On this site,it is no use of writting something in English,sory. The system will automatically refuse something in English.

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
中国的DQNないろんなお馬鹿画像を今回もエロ系を中心に集めました 小説「僕の彼女は中国人」/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる