小説「僕の彼女は中国人」

アクセスカウンタ

zoom RSS 海洋堂フィギュアワールド(京都)

<<   作成日時 : 2014/08/30 22:57   >>

トラックバック 0 / コメント 0

今日、久々に自宅に戻りました。京都駅を経由するコースで戻ったので、なんとなく伊勢丹に入ったら、美術館でフィギュアで有名な海洋堂の文字が目に入りました。

よく見ると8月1日から8月31日まで、展覧会を催していたんです。思わず入って見ようと決めました。一般入場料は800円でした。

画像


残念ながら、場内は撮影禁止です。懐かしい往年のガレージキットから比較的新しいものまで揃っていて、とても良い感じでした。

怪獣映画や恐竜、昆虫、動物はもちろん、機動戦士ものまでいろいろあって楽しめました。

もちろん、美少女フィギュアもいっぱいありました。でも、「OSアイドルWinちゃん」のような娼婦にしかみえない作品もあり、私には正直な話、美少女フィギュアには違和感があります。

だって、やっぱり美少女よりも私は本物のおとなの成熟した美女が好きですし、何度も素敵で素晴らしい体験をしてきましたらら、リアルが充実してることに価値を感じるので、フィギュアには夢中にはなれません。

それはさておき、この展覧会はなかなか良かったです。
コメントとして、追加事項や説明を記載することがあります。

読者コメントもよろしくお願いします。

コメント記入欄はそれぞれの記事を書いたページの一番下の方にあります。

このブログのシステムにスパム・リンク(スパム・トラックバック)と判定された場合、なんど同じものを貼っても恒久的に反映されることはなく、自動的にシステムがその書き込み、貼り付けデータを削除します。

たまに釣れる粘着さんのコメントもシステムが自動削除します。気づかずに粘着コメントを書き込んでも誰にも読まれません。

以下の広告は無視してください。怪しいものも含まれているかも知れませんが、私は保証しません(笑)

On this site,it is no use of writting something in English,sory. The system will automatically refuse something in English.

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
海洋堂フィギュアワールド(京都) 小説「僕の彼女は中国人」/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる