小説「僕の彼女は中国人」

アクセスカウンタ

zoom RSS 妖怪ウォッチの話

<<   作成日時 : 2014/09/28 22:09   >>

トラックバック 0 / コメント 0

中国にある複数のサイトで人気アニメ”妖怪ウォッチ”が無料で視聴できてしまうのですが、スマホアプリでも視聴できてしまう場合が少なくありませんね。普通の方法では視聴できなくても、ちょっとした設定で簡単に視聴できるのがミソです。

でも、中国が嫌い、怖いなどというIT関連の知識も中国語の知識もない人は、手を出さない方がいいでしょうね。ましてや、日本のアニメ作品の動画ファイルを著作権者に無断で日本国内で自分のスマホやタブレット、あるいはパソコンにダンロードするのは違法行為です。

動画だけではなく音楽データのダウンロードも同じく違法行為なのですが、このブログにはどういうわけかそういう違法行為を実行する方法を検索してアクセスしてくる犯罪予備行為をしている人々がほぼ毎日います。

そういう屑でしかない行為はやめて欲しいのですが、どういうわけか、そういう人々はIT知識に疎く、中国語もたいして理解していない上に日本の法律も正しく理解していない情報弱者が多いことは、アクセスログを見ると明らかなので、ますます呆れます。

さて、話を本題の人気アニメ”妖怪ウォッチ”の話に戻します。

以前もちょっと書いたのですが、うちの息子もこのアニメが大好きで、Nintendo3Dのゲームが欲しいようです。息子には内緒でクリスマスプレゼントとして買ってやろうと思ってはいるのですが、店頭で”売り切れ”と書かれていることをいいことに「売り切れじゃ買えないね」と言って息子に諦めさせています(笑)

しかし、たまに一緒に買い物に行くと、ゲームコーナーで子どもたちが”妖怪ウォッチ”のゲーム機で遊んでいるのを見かけます。息子もそれにはたまらず、そのゲームをするようになりました。

このゲーム機って、自分のカードをスキャンして遊ぶというよくある方式なのですが、カードは子ども向きのおやつのおまけとして入っていたり、UFOキャッチャーで簡単にゲットできたりします。

息子はUFOキャッチャーに対して苦手意識があるので、私にも頼みません。

そこで、息子に代わって私がUFOキャッチャーでゲットしてみせました。

画像

画像


サービスデ-だったので運良く200円で3個の景品をゲットできました。いずれもカード1枚と5枚のカードを収納できるネックストラップ型のカード入れです。

これが、ゲームセンターにある子どもたちに人気のゲームマシンです。
画像

既にシリーズ第四弾が出ていますね。そろそろ第五弾が登場するようです。

戦いたい妖怪を探し出すマップが”ようかいぐーるぐるマップ”という名前で、それぞれの妖怪の必殺技のネーミングも含めて、パクリのオンパレードという感じですね。

いつも長蛇の列が出来ているゲームセンターもありますね。たいしたもんですね。

カードを必死で集めている子どもたちって、16年かもうちょっと前の”遊戯王”の時代からかわりませんね。中・高校生が熱中するカードゲームもあるそうですが、よくやるなぁ〜って感じですが…w

商売上手な会社があるものですねw

おとなもスマホの有料ゲームにはまってる人がいますよね。私は無料ゲームしかしないし、有料ゲームでも料金が発生するプレイはしませんけど(笑)
コメントとして、追加事項や説明を記載することがあります。

読者コメントもよろしくお願いします。

コメント記入欄はそれぞれの記事を書いたページの一番下の方にあります。

このブログのシステムにスパム・リンク(スパム・トラックバック)と判定された場合、なんど同じものを貼っても恒久的に反映されることはなく、自動的にシステムがその書き込み、貼り付けデータを削除します。

たまに釣れる粘着さんのコメントもシステムが自動削除します。気づかずに粘着コメントを書き込んでも誰にも読まれません。

以下の広告は無視してください。怪しいものも含まれているかも知れませんが、私は保証しません(笑)

On this site,it is no use of writting something in English,sory. The system will automatically refuse something in English.

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
妖怪ウォッチの話 小説「僕の彼女は中国人」/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる