小説「僕の彼女は中国人」

アクセスカウンタ

zoom RSS バンダイのプラモデル:ブシニャン

<<   作成日時 : 2014/10/04 09:47   >>

トラックバック 0 / コメント 1

息子がプラモデルを自分で組み立てると言うので見学するついでに、iPhone6Plusのカメラで撮影してみました。サムスンのギャラクシーノート2よりもうんと高画質なのはもちろんですが、iPhone5Cよりも前評判通りに実機の画質は良いと思います。

ここではWindowsPCを使って撮影した写真を約1/3の画素数に縮小した画像を貼っておきます。

箱を開けて、中を出したところ
画像


年長さんである息子にも15分程度で簡単に組み立てることが出来ます。
画像


パーツの交換で、いろいろ楽しめるように出来ているところが良いですね。
画像


何となくひょうきんなブシニャンです。
画像


馬鹿殿ブシニャンになりました。
画像


このプラモデルって600円前後で売っている店も少なくありませんが、息子は税込で540円もしない安値で買いました。

でも、高いお店はどういいわけか税込で750円を軽く超えているところもあるそうです。プレミアものでもないのに、というので驚くやら、あきれるやら。意味がわかりません。

そうそう、最近、私は生活必需品はネットで安くまとめ買いするようにしています。お米とかサラダオイル、だし汁、石鹸などはその方が安く手に入りますね(笑)

それが昂じてしまい、つい先日、わけありみかんを注文したのですが、それって11月下旬に届くらしいです。どんなものが届くのか楽しみです(笑)

国産豚肉を生産農場直送で送料、税込2s2000円なんて安くて買えて、しかも美味しいのですから、買い物に行きたくなくなりますね。

ズワイガニだって産地直送2.5sが送料、税込で2500円です。北陸や山陰まで行く電車賃よりも安いんです(笑)

そんなことをネットで見て楽しんでいるうちに、息子はロボニャンとジバニャンも完成させていました。
画像

簡単につくれて、いろいろ楽しめるプラモデルです。

でも、10月18日発売予定のガブニャンは605円とか630円で予約を受け付けているお店もありますが、1800円で販売するという強欲なお店まであります。さすが、日本は拝金主義国ですね。


そういえば、昔、3度も流行期があったタミヤのミニ四駆も健在ですね。でも、定価が1000円と17-18年前の倍ぐらいしますね(苦笑)
コメントとして、追加事項や説明を記載することがあります。

読者コメントもよろしくお願いします。

コメント記入欄はそれぞれの記事を書いたページの一番下の方にあります。

このブログのシステムにスパム・リンク(スパム・トラックバック)と判定された場合、なんど同じものを貼っても恒久的に反映されることはなく、自動的にシステムがその書き込み、貼り付けデータを削除します。

たまに釣れる粘着さんのコメントもシステムが自動削除します。気づかずに粘着コメントを書き込んでも誰にも読まれません。

以下の広告は無視してください。怪しいものも含まれているかも知れませんが、私は保証しません(笑)

On this site,it is no use of writting something in English,sory. The system will automatically refuse something in English.

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
「プラモで中国を馬鹿にする」という生きてるだけ無駄な馬鹿検索をしてきた馬鹿がいました。

よく生きていますね。
矢吹 徹
2015/04/06 15:34

コメントする help

ニックネーム
本 文
バンダイのプラモデル:ブシニャン 小説「僕の彼女は中国人」/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる