小説「僕の彼女は中国人」

アクセスカウンタ

zoom RSS 交通事故の被害者になってしまいました

<<   作成日時 : 2014/11/19 09:02   >>

トラックバック 0 / コメント 0

昨日、午後17時15分に勤務を終え、17時20分頃に病院を出て徒歩10分ほどの歩道の真ん中を歩いていたら、某量販店の駐車場から出てきた乗用車にはねられちゃいました。自動車が右膝に当たった次の瞬間には倒れて右肘を歩道の路面にぶつけていました。

自動車が車道の車ばかりみて私の存在に気付かずに駐車場から飛び出してきたのです。私は、自動車の左前方方向から右前方方向に歩いていました。私にぶつかったのは自動車の右前の端っこでした。つまり、私はもう1歩か2歩でその自動車が通ったコースを通り過ぎるところだったわけで、明らかに自動車がぶつかってきたわけです。

にもかかわらず、自動車の運転手は私がぶつかったようなものの言い方をしてきたので、さすがにむかつきました。その量販店の店員さんが見に来てくれたので、私は警察を呼んで欲しいと頼みました。警官が来て事情聴取をして、初めて運転手は私に謝罪の言葉を少しだけ口にしましたが、痛くて聞く気にはなれませんでした。

その後、警官に病院に送ってもらって検査を受け、院長に打撲をしたことを証明する診断書をもらいました。その診断書を警察に提出することで、はじめて人身事故になるそうです。もちろん、私は診断書を提出します。

病院に、後から運転手とその家族という人が来ていましたが、運転手はうろたえるばかりで、家人も私にも何も言わず黙って長椅子に座っているだけでした。まったく、むかつくばかりです。

費用などは病院の事務でいろいろしてくれるので私は院外処方箋の調剤費用やタクシー代の領収書を運転手の保険会社にまとめて出せばいいと病院の夜間スタッフが教えてくれましたが、相手が本当に任意保険に加入していることは今朝になって保険会社からの電話があってわかりました。

タクシーで帰宅したときは、すでに午後8時になっていました。

ちなみに、その運転手は免許証不携帯だったそうです。必ず、警察に診断書を出すことに決めました。

少なくとも1週間はダメそうです。
コメントとして、追加事項や説明を記載することがあります。

読者コメントもよろしくお願いします。

コメント記入欄はそれぞれの記事を書いたページの一番下の方にあります。

このブログのシステムにスパム・リンク(スパム・トラックバック)と判定された場合、なんど同じものを貼っても恒久的に反映されることはなく、自動的にシステムがその書き込み、貼り付けデータを削除します。

たまに釣れる粘着さんのコメントもシステムが自動削除します。気づかずに粘着コメントを書き込んでも誰にも読まれません。

以下の広告は無視してください。怪しいものも含まれているかも知れませんが、私は保証しません(笑)

On this site,it is no use of writting something in English,sory. The system will automatically refuse something in English.

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
交通事故の被害者になってしまいました 小説「僕の彼女は中国人」/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる