小説「僕の彼女は中国人」

アクセスカウンタ

zoom RSS おせち料理もいいけれど…

<<   作成日時 : 2015/01/04 20:12   >>

トラックバック 0 / コメント 0

ワンタンって中国語のようで中国語じゃないんですね。上海の人々は「最近の若い女性はお嬢様育ちが過ぎるのか、ぎょうざはもちろん、ワンタンすら満足に作れない」という皮肉っぽい世評をすることがありますが、それって甘やかされて育った世代だという意味のようです。

ワンタンは雲呑という広東語から来ているようです。中国の標準語である普通話では馄饨という表現が一般的に使われます。広東料理では具材に蟹が使われることもありますが、基本的には豚肉ですね。

四川料理圏では抄手という表現が一般的に使われます。重慶方言では抄手の発音をカタカタで強引に書くとチャオソーという感じになります。

写真は重慶式の抄手です。
画像

見た目通りの癖になる激辛味です。
コメントとして、追加事項や説明を記載することがあります。

読者コメントもよろしくお願いします。

コメント記入欄はそれぞれの記事を書いたページの一番下の方にあります。

このブログのシステムにスパム・リンク(スパム・トラックバック)と判定された場合、なんど同じものを貼っても恒久的に反映されることはなく、自動的にシステムがその書き込み、貼り付けデータを削除します。

たまに釣れる粘着さんのコメントもシステムが自動削除します。気づかずに粘着コメントを書き込んでも誰にも読まれません。

以下の広告は無視してください。怪しいものも含まれているかも知れませんが、私は保証しません(笑)

On this site,it is no use of writting something in English,sory. The system will automatically refuse something in English.

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
おせち料理もいいけれど… 小説「僕の彼女は中国人」/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる