小説「僕の彼女は中国人」

アクセスカウンタ

zoom RSS 今年の冬から春に食べた柑橘類の話

<<   作成日時 : 2015/04/27 12:52   >>

トラックバック 0 / コメント 0

私は果物が好物です。以前から書いているように毎日何らかの果物を食べています。冬から春はイチゴ、りんご、それにみかんなどの柑橘類をよく食べました。

有田みかん、熊本みかん、愛媛みかんを食べ他のはもちろん、伊予柑やオレンジ類もたくさん食べました。

みかんというと温州みかんが有名ですが、これって中国のみかんの産地として温州が有名だから、温州みかんという名前を日本人が勝手につけただけで、みかんの種としては日本の固有種なんだそうです。

今年食べた柑橘類の代表的なものの写真を貼っておきます。
画像

左から、土佐の文旦、伊予柑、デコポンです。デコポンは、「しらぬい」という別名がある種類です。

文旦は日本では土佐産が最も多いそうで、夏みかんやグレープフルーツの先祖にあたる種だそうです。

清見タンゴールとか清見オレンジと呼ばれる大きめの国産オレンジと文旦を比べてみるとこんな感じです。
画像

清見タンゴールは小さいものもありますが、味と大きさはあまり関係がないようです。

ちなみに、大きな文旦の皮を剥くとこんな感じです。
画像

このサイズの落差が文旦の特徴です。つまり、皮が分厚いんですね。

出回りだす時は酸っぱいものが多いのですが、暖かくなると甘くなります。

伊予柑やデコポンとともにお勧めの一品です。
コメントとして、追加事項や説明を記載することがあります。

読者コメントもよろしくお願いします。

コメント記入欄はそれぞれの記事を書いたページの一番下の方にあります。

このブログのシステムにスパム・リンク(スパム・トラックバック)と判定された場合、なんど同じものを貼っても恒久的に反映されることはなく、自動的にシステムがその書き込み、貼り付けデータを削除します。

たまに釣れる粘着さんのコメントもシステムが自動削除します。気づかずに粘着コメントを書き込んでも誰にも読まれません。

以下の広告は無視してください。怪しいものも含まれているかも知れませんが、私は保証しません(笑)

On this site,it is no use of writting something in English,sory. The system will automatically refuse something in English.

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
今年の冬から春に食べた柑橘類の話 小説「僕の彼女は中国人」/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる