小説「僕の彼女は中国人」

アクセスカウンタ

zoom RSS 童話「かっぱのこいのぼり」と河童伝説

<<   作成日時 : 2015/05/05 10:06   >>

トラックバック 0 / コメント 0

名張市の赤目四十八滝に出かける途中で、こんな川面の風景に出くわしました。風呂屋橋という橋の上から撮影しました。

画像


大きくすると、こういう鯉のぼりです。滝川という川の堰に11匹の鯉のぼりが泳いでいました。

画像


河童伝説で有名な北海道の定山渓温泉に家族で行ったことがありますが、そこでは4月上旬から5月上旬に300匹を超える鯉のぼりの川面上での吹き流しが行われます。佐賀県の川上峡春まつりでも3月下旬から5月中旬にほぼ同じ規模で川面に鯉のぼりが泳ぎます。他にも全国各地の河童伝説がある地方では、鯉のぼりを川面上に泳がしているところがあるそうです。

それを踏まえて描かれたであろうことが容易に推測できる楽しい絵本があります。私は、名張市の赤目町で観た鯉のぼりで、そのことを思い出しました。

それが「かっぱのこいのぼり」という絵本で、水中から観た鯉のぼりを描いています。どんなお話かと言うと、カッパたちがとても楽しみにしている年に一度のいい日であるこどもの日がやってくる話です。その日のためにみんな銭湯でキレイになったり、川の中で暮らしているいろんなお客さんがやってきたり、前祝いをしたり、カッパのまちは大にぎわい。いよいよその日がやってきてみんなは広場に集まり寝ころんで空を見上げます。いちにのさん!でみんなが見たものはとても素晴らしい水中からみるこいのぼりだったというお話です。

赤目の鯉のぼりは、4月19日から5月末まで飾られる予定だそうです。地元の人が毎年飾りたいと意気込まれているそうです。
コメントとして、追加事項や説明を記載することがあります。

読者コメントもよろしくお願いします。

コメント記入欄はそれぞれの記事を書いたページの一番下の方にあります。

このブログのシステムにスパム・リンク(スパム・トラックバック)と判定された場合、なんど同じものを貼っても恒久的に反映されることはなく、自動的にシステムがその書き込み、貼り付けデータを削除します。

たまに釣れる粘着さんのコメントもシステムが自動削除します。気づかずに粘着コメントを書き込んでも誰にも読まれません。

以下の広告は無視してください。怪しいものも含まれているかも知れませんが、私は保証しません(笑)

On this site,it is no use of writting something in English,sory. The system will automatically refuse something in English.

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
童話「かっぱのこいのぼり」と河童伝説 小説「僕の彼女は中国人」/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる