小説「僕の彼女は中国人」

アクセスカウンタ

zoom RSS ミラノ博覧会と張馨予

<<   作成日時 : 2015/06/11 11:08   >>

トラックバック 0 / コメント 0

今年の5月1日から10月31日まで100年ぶりにイタリアで開催されるミラノ万博(世界博覧会)のイメージ大使に張馨予が選ばれたそうです。

これをきっかけに、中国ではいろいろとバッシングを受けた彼女は精神的に立ち直ることができたようです。

マイクロブログには”誰も真相を知ろうとはせず、自分に都合のよい話を吹聴するいう意味のことを書きつつ、自分もそうだろう、自分を罵倒する人々は自分が成長するための菩薩さま、つまり、厳しい試練で自分を鍛え成長させてくれる存在だと考えるようにしているという決意を書いていました。

”張馨予の取材でカメラが吹っ飛ばされた真相映像”などというバカバカしい動画も中国のネットでは出回りました。元彼と他の女優さんの交際や彼女が別れた理由を取材しようと押し寄せた記者たちが、互いにぶつかり合ってカメラが吹っ飛んだドジな取材カメラマンがいただけの話で、彼女も彼女のスタッフもまったく関与していないハプニングだったという動画です。

それを彼女がかかわった出来事のように書き立てた馬鹿メディアが中国にあったわけですが、日本のお馬鹿メディアと同じレベルですね。

ミラノ博会場での、彼女の写真を少し紹介しておきます。すべて、彼女が拡散希望で公開している使用権フリー画像です。

画像

画像

画像


万博で参加各国日のみの限定で開催するナショナルデですが、ちなみに日本が開催するジャパンデーは7月11日だそうです。中国は6月8日でした。
コメントとして、追加事項や説明を記載することがあります。

読者コメントもよろしくお願いします。

コメント記入欄はそれぞれの記事を書いたページの一番下の方にあります。

このブログのシステムにスパム・リンク(スパム・トラックバック)と判定された場合、なんど同じものを貼っても恒久的に反映されることはなく、自動的にシステムがその書き込み、貼り付けデータを削除します。

たまに釣れる粘着さんのコメントもシステムが自動削除します。気づかずに粘着コメントを書き込んでも誰にも読まれません。

以下の広告は無視してください。怪しいものも含まれているかも知れませんが、私は保証しません(笑)

On this site,it is no use of writting something in English,sory. The system will automatically refuse something in English.

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ミラノ博覧会と張馨予 小説「僕の彼女は中国人」/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる