小説「僕の彼女は中国人」

アクセスカウンタ

zoom RSS まじめな看護師の看護記録

<<   作成日時 : 2015/08/30 13:12   >>

トラックバック 0 / コメント 1

入院すると、医師だけではなく、看護師もカルテを書きます。看護師のカルテを看護記録といい、診療所では外来で看護記録が詳細に書かれることは少ない方ですが、大きな病院だと外来でも詳細な看護記録が書かれるところは少なくありません。

特に、どこの病院でも看護記録は医師のカルテである診療記録並みに詳しく書かれるところが以前よりも増えている印象があります。

まじめな看護師さんは、特によく書いてくれるので、医師にとっても有用な情報が詰まっていることも少なくありません。

私の受け持ち患者さんのことも詳細に書いてくれています。

例えば、こんな感じです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
患者の全般的評価・介護度
座位の保持 できない
衣服の着脱 できない
食事 全介助
口腔衛生の維持 できない
(長いので以下省略します)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

私は、この看護記録を見て爆笑してしまいました。

内科の医師は、こう言いました。
「そんなもの、できるわけないでしょ〜。できたら、かなり怖いオカルトの世界ですね」

別の医師は、こう言いました。
「馬鹿は、なぜ馬鹿と言えば、頭を使わないからで、頭、つまり、脳を使わない方が、ストレスがなくて脳が楽をすることになり、それが習慣化してるから、馬鹿なんですよね」

私は、二人の医師の言葉に同感しちゃいました。

だって、この患者さんの看護記録には、こう書けば十分だったんです。

「生後3日目の健康新生児、男児」

まじめに成人患者用の評価フォーマットをコンピューターで読み込んで、その質問にまじめに回答したまじめな看護師さんがいたということです。

他の看護師さんや助産師さんたちに内科医に笑われたと話したら、みんなその看護記録を見て爆笑してしまいました。困ったもんですね〜。
コメントとして、追加事項や説明を記載することがあります。

読者コメントもよろしくお願いします。

コメント記入欄はそれぞれの記事を書いたページの一番下の方にあります。

このブログのシステムにスパム・リンク(スパム・トラックバック)と判定された場合、なんど同じものを貼っても恒久的に反映されることはなく、自動的にシステムがその書き込み、貼り付けデータを削除します。

たまに釣れる粘着さんのコメントもシステムが自動削除します。気づかずに粘着コメントを書き込んでも誰にも読まれません。

以下の広告は無視してください。怪しいものも含まれているかも知れませんが、私は保証しません(笑)

On this site,it is no use of writting something in English,sory. The system will automatically refuse something in English.

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
この看護師さんは、パソコンの質問にまじめに答えりゃいいと思っていたようです。他の看護師さんに指摘されて、

着衣の着脱 できない
新生児のため

という風に全ての項目にできないと答えて、新生児のためというコメントを追加回答するというお馬鹿までしていました。

パソコンの質問を読み込まさないで、「介護必要度 健常新生児」と書けばいいと気づく能力がないんですよね。

似たようなレベルのヒステリックな助産師が居残って、有能な助産師が辞めて行きました。困ったものです。入れ替わって欲しいんですけどねぇ〜と医局で嘆いていたら、某有能大学の名誉教授に「世の中は、そういうことが多いですね〜。頑張りましょう」となぐさめられました。
矢吹 徹
2015/08/31 22:08

コメントする help

ニックネーム
本 文
まじめな看護師の看護記録 小説「僕の彼女は中国人」/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる