小説「僕の彼女は中国人」

アクセスカウンタ

zoom RSS お馬鹿でエロさもある中国的DQN画像集

<<   作成日時 : 2015/10/22 13:36   >>

トラックバック 0 / コメント 0

30年ぐらい昔なら、EBウイルスによる伝染性単核球症は入院治療が普通でした。アレルギー性紫斑病は今ではIgA血管炎と呼ばれたり、昔ながらに発見者の名前をとってヘノッホ-シェーンライン紫斑病と呼ばれていますが、昔はやはり入院加療が普通でした。

しかし、10年以上前から、どちらの病気も重症例でなければ入院加療はなく、自然治癒する例もたくさんあることが常識になっており、今の小児科や内科の教科書にも、そのように記載されています。他にも、いくつかの病気がそのように対応が変化していますが、それも医学の進歩のおかげです。

でも、日本にはいまだにそんなことを知らない不勉強な医師が医師会でふんぞりかえっており、入院の必要性のない患者を入院させるように大きな病院に紹介し、紹介された病院の医師にも不勉強なために紹介されるとどんな重症度でも、つまり、超軽症でも入院させてしまう馬鹿な医者もいます。

もちろん、入院の必要がないことを知っていて、利益供与のために紹介する悪徳医者もいるかも知れませんが、そんなレベルの高い医師はそうはいません。

不勉強で馬鹿なDQN医者は日本各地にいっぱいいます。

気管支拡張剤であって咳止めではないホクナリンテープとそのジェネリックであるセキナリンテープやツロブテロールテープを”咳止めテープ”であるかのような話をして使う詐欺師か、そうでなければ精神異常者的マッドドクターが日本中にたくさんいます。今の地球上には、”咳止めのテープ”と呼んでいいものは、実在しません。

中耳炎や気管支炎、あるいは肺炎の子どもにオゼックス小児用やオラペネム小児用を外来通院で処方するという行為も世界の非常識であり、日本のいんちきか、馬鹿な医者しかやらない行為です。外国の医師が聞いたら、笑うか、あきれるか、のどちらかです。

医学が科学である以上、日本だけが特別だ、などということはありません。もちろん、耐性菌の分布は地方によって差があるので、どこの国でも地域でも、細かく区別する必要はありますが、オゼックスやオラペネムは簡単に使うべき薬剤ではないのは、感染症のプロなら、常識です。

でも、そういった常識が通じない医師たちが大きな顔をしている国が、日本という立派な国なのです。

日本人だというだけで、大きな顔をして外国人を見下げて無駄に生きている人々を利用して政権を安定させようと、馬鹿総理が”一億総活躍政策、実は一億総白痴化推進計画”を経済政策として打ち出しています。馬鹿な医者に騙されている人々がたくさんいる日本のことですから、馬鹿総理に騙される人もたくさんいますよね。

一億総活躍と称して戦場にでも行かせるつもりかも知れませんよね。

”東日本大震災で寄付をしてくれた台湾に感謝する情報弱者たち”のように、台湾人は自分たちの利益のために都合よく反日にも親日にもなるという当たり前のことを知らない人々もたくさんいますから、そういう馬鹿な情報弱者は簡単にだまされることでしょう。世界は常にお金で動いているのは、まぎれもない事実です。

寄付の金額が多いからと台湾に感謝して、貧しいネパールやカンボジアの寄付には感謝しなかったネット情報弱者もたくさんいましたが、彼らも結局は拝金主義者なんですね。台湾に感謝してマスコミに担がれていい気になっていた人たちって、本物の馬鹿ですね。

さて、それでは今回も中国のお馬鹿画像を紹介します。お楽しみください。



獣姦禁止の印だったらしいけど…
画像


校内に犬を連れ込まないでください、と書かれていますけどね。


偶然乗り合わせてしまった
画像


日ごろの努力が皮膚に出ているね
画像


萎えるから、やめてくれ
画像


持ち帰った翌朝の光景も悪くはないか?
画像


柔軟体操なのか?
画像


おばさんお触りクラブ
画像


二人の女子大生をナンパしてきたが…
画像


移動風俗嬢はデリヘルじゃないよ
画像
コメントとして、追加事項や説明を記載することがあります。

読者コメントもよろしくお願いします。

コメント記入欄はそれぞれの記事を書いたページの一番下の方にあります。

このブログのシステムにスパム・リンク(スパム・トラックバック)と判定された場合、なんど同じものを貼っても恒久的に反映されることはなく、自動的にシステムがその書き込み、貼り付けデータを削除します。

たまに釣れる粘着さんのコメントもシステムが自動削除します。気づかずに粘着コメントを書き込んでも誰にも読まれません。

以下の広告は無視してください。怪しいものも含まれているかも知れませんが、私は保証しません(笑)

On this site,it is no use of writting something in English,sory. The system will automatically refuse something in English.

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
お馬鹿でエロさもある中国的DQN画像集 小説「僕の彼女は中国人」/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる