小説「僕の彼女は中国人」

アクセスカウンタ

zoom RSS 国営メディアまで皮肉る中国的DQNなお馬鹿画像集

<<   作成日時 : 2015/10/09 12:05   >>

トラックバック 0 / コメント 0

日本では、政党を除名された脳機能に問題があるのではないかと思われる女性国会議員が、ある女性に自分を揶揄するものまねメークをされて、「なんやね、、この女!」という下品な雄たけびをあげていたという報道がありましたね。

やっぱり、一般的な感覚からはかけ離れた言動をする人のようで、いろんな方面から批判を集めているだけのDQNさはあるようです。

そんな人を選挙で選ぶ有権者に良識がない、という意見があるのは当然だと思います。

恥ずかしい選挙行動はとりたくないですね。お馬鹿な総理大臣に政権を握り続けさせるのも、問題です。

年齢に関係なく”かりにも一国の総理を馬鹿と呼ぶなんて、駄目でしょう”なんていうくだらない権威主義も馬鹿なだけです。政治家、特に総理という職はすべての国民から厳しく監視、審査されるべき職責がたくさんあります。

馬鹿な総理や政治家を馬鹿だと言えない国は、民主主義国家ではありません。

さて、今回もお馬鹿な中国的フリー画像を紹介します。


首を絞められても胸は守ります
画像


もててるのか?
画像


なんと彼は男なんだってさ
画像


こんに下品な中国中央TV
画像


これも下品な中国中央TV
画像


不思議な自転車
画像


カメラマンの個人的意図
画像


病人を見つめる冷たい視線の数々
画像


邪悪なお嬢さん
画像


(字幕はこうです)どういう意味なの?
画像


”あなたはちいさいもの…”と彼女が言ったかどうか…
コメントとして、追加事項や説明を記載することがあります。

読者コメントもよろしくお願いします。

コメント記入欄はそれぞれの記事を書いたページの一番下の方にあります。

このブログのシステムにスパム・リンク(スパム・トラックバック)と判定された場合、なんど同じものを貼っても恒久的に反映されることはなく、自動的にシステムがその書き込み、貼り付けデータを削除します。

たまに釣れる粘着さんのコメントもシステムが自動削除します。気づかずに粘着コメントを書き込んでも誰にも読まれません。

以下の広告は無視してください。怪しいものも含まれているかも知れませんが、私は保証しません(笑)

On this site,it is no use of writting something in English,sory. The system will automatically refuse something in English.

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
国営メディアまで皮肉る中国的DQNなお馬鹿画像集 小説「僕の彼女は中国人」/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる