小説「僕の彼女は中国人」

アクセスカウンタ

zoom RSS ちょいエロ系中国的DQNなお馬鹿画像集

<<   作成日時 : 2015/12/23 10:27   >>

トラックバック 0 / コメント 0

昔は、若い女性が精神的ストレスで過呼吸になって倒れるという話はよくありました。今でもあるにはありますが、30年前に比べると減少傾向にあります。

最近は、18歳から24歳の男性が、彼女と喧嘩をした、彼女に嫌いだと言われた、彼女にふられた、などと言って友人の前で大泣きし、そのまま過呼吸で意識を失って救急搬送されてくる事例が増えています。

女性が強くなったのではなく、女性のパニック障害は増えています。男性はかなり弱くなったようで、筋骨隆々とした男性のパニック障害もあるので驚きます。

小さい時から精神的に鍛えられていないようです。自我が確立できないまま大人になっている、というのが正しいですね。社会人になっても同僚やいろんな人々との接し方、係わり合い方がわからない、自分に実力がないことに気づいていないのに”周囲に評価してもらえない”なんて不満を言ったり、相手の顔や眼を見て話せないから電話応対の仕事しかできない、などという社会関係の成立と維持ができない、広い意味でのコミュニケーション障害がある人が増えています。

中には、そんな自分になったのは環境が悪い、他人が悪い、ストレス社会が悪い、精神科医が向精神薬を乱用するから悪い、などと責任転嫁する人も少なくありません。

本当は、周囲に依存して、独立心・自立心や自律性・自主性を自分で育てようとして来なかった人、他人とのかかわりの中で社会性を自分で育てることをして来なかった人に、そういう心の病気、つまりパニック障害やストレス障害の人が多いのが現実です。

養育者が社会とのかかわりや子どもの心の成長を考えないで育てた結果、養育者と同じ心の病気になっている人もいます。

責任転嫁するのは、自分で自分を正面から見ることが出来ない人に特に多いと感じます。

拝金主義でお金を稼ぐことばかりに夢中になって、子どもの成長について真剣にお考えない人の子どもにも多いのが、心の病気の特徴です。お金さえ与えれば愛情を与えていると考えるのはアウトですが、そういう育て方は犯罪者を育ててしまう可能性もあります。

いろんな人がいて、いろんな理由で病気になるわけですが、今の日本では、こういう傾向があるのは明らかです。

他の国を批判できません。尊属殺人なんて、アジアでは、いや一説によると世界では、日本が対人口比では一番多い可能性があります。これも、拝金主義に関係していそうです。

それを否定できる公式データがあれば、教えてくださいね。



さて、今回も中国的お馬鹿フリー画像を紹介します。お楽しみください。

こいつらだけは、持ち帰らないぞ
画像


お願い、やめて!たれちゃうわ
画像


入れたいでしょ?
画像


手馴れた花嫁
画像


爺さんの興奮
画像


痛いけど感じるらしい…
画像


やりにくいな…
画像


お客さん、照れなくていいわよ
画像


撮影の目的が…
画像


やっぱエロ時代劇だな
画像
コメントとして、追加事項や説明を記載することがあります。

読者コメントもよろしくお願いします。

コメント記入欄はそれぞれの記事を書いたページの一番下の方にあります。

このブログのシステムにスパム・リンク(スパム・トラックバック)と判定された場合、なんど同じものを貼っても恒久的に反映されることはなく、自動的にシステムがその書き込み、貼り付けデータを削除します。

たまに釣れる粘着さんのコメントもシステムが自動削除します。気づかずに粘着コメントを書き込んでも誰にも読まれません。

以下の広告は無視してください。怪しいものも含まれているかも知れませんが、私は保証しません(笑)

On this site,it is no use of writting something in English,sory. The system will automatically refuse something in English.

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ちょいエロ系中国的DQNなお馬鹿画像集 小説「僕の彼女は中国人」/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる