小説「僕の彼女は中国人」

アクセスカウンタ

zoom RSS 凄い水槽 さすが大和郡山

<<   作成日時 : 2016/03/05 09:50   >>

トラックバック 0 / コメント 4

大和郡山市は昔から金魚の産地として有名ですね。マンホールの蓋のデザインにも金魚が採用されていますが、もっと凄いものがあります。

画像


郡山八幡のすぐ側こんなものが…
画像

元公衆電話ボックスの水槽です。

近くに寄って撮りました。
画像

大胆で斬新で凄いですね〜
コメントとして、追加事項や説明を記載することがあります。

読者コメントもよろしくお願いします。

コメント記入欄はそれぞれの記事を書いたページの一番下の方にあります。

このブログのシステムにスパム・リンク(スパム・トラックバック)と判定された場合、なんど同じものを貼っても恒久的に反映されることはなく、自動的にシステムがその書き込み、貼り付けデータを削除します。

たまに釣れる粘着さんのコメントもシステムが自動削除します。気づかずに粘着コメントを書き込んでも誰にも読まれません。

以下の広告は無視してください。怪しいものも含まれているかも知れませんが、私は保証しません(笑)

On this site,it is no use of writting something in English,sory. The system will automatically refuse something in English.

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
息子さんですか。私のこどもの頃、温泉街の川や溝口に渡り橋の下にアメリカザリガニが生息していました。アメリカザリガニをバケツに何杯も採ってきて天ぷらで食べました。甘く美味しいです。食べるところが少なく一匹で一口もないので、いっぱい集めて、鹿の子あげぐらいになりました。温泉街は、全国何処でも観賞魚の養殖が全国でも有名です。金魚、生きているのですよね?!
早起きのまま
2016/03/05 11:55
大和郡山市は温泉街ではありません。江戸時代から金魚の養殖が町の産業であり、日本の歴史上は他の地方とは別格です。温泉街の金魚と同じにすると「大和郡山の金魚を知らない日本人がいるのか?」と市民が怒るかも知れませんよ。もちろん、生きている金魚です。
矢吹 徹
2016/03/05 21:50
すごいですね。生きているのですね。昔、金魚を水槽で飼っていて、卵を産み、それがかえって、水変えが大変でした。金魚大好きです。いろいろな種類を入れていたので、いろいろな金魚になりました。今は、メダカでしょうか。何時間見ていてもあきません。猫を飼っていますが、猫が、メダカを飼っているような、猫がメダカの小さな池の入れ物をのぞいたり、その池の水を飲んだり、不思議な共存の環境ができています。金魚は、猫の餌となってしまうので、水槽で飼っていました。
早起きのまま
2016/03/06 20:49
子どもの頃から、何度も金魚は飼っていますが、死んでしまうとお墓を作ったりして新たに飼う意欲が数年は出てこないということを繰り返しているので、最近は飼うことを考えないようになってしまったかも知れません。
矢吹 徹
2016/03/06 23:35

コメントする help

ニックネーム
本 文
凄い水槽 さすが大和郡山 小説「僕の彼女は中国人」/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる