小説「僕の彼女は中国人」

アクセスカウンタ

zoom RSS まだまだやっている医薬品不正販売

<<   作成日時 : 2016/04/11 17:44   >>

トラックバック 0 / コメント 1

医療機関や医薬品問屋でないと揃わない品揃えで、処方箋がないと入手出来ない医薬品販売がまだまだ行われています。今回は、新たに二人の中国人女性が手先に使われていました。写真を盗用しているだけかも知れませんね。

警察も厚生労働省も無能なんですね。
画像
画像

画像
コメントとして、追加事項や説明を記載することがあります。

読者コメントもよろしくお願いします。

コメント記入欄はそれぞれの記事を書いたページの一番下の方にあります。

このブログのシステムにスパム・リンク(スパム・トラックバック)と判定された場合、なんど同じものを貼っても恒久的に反映されることはなく、自動的にシステムがその書き込み、貼り付けデータを削除します。

たまに釣れる粘着さんのコメントもシステムが自動削除します。気づかずに粘着コメントを書き込んでも誰にも読まれません。

以下の広告は無視してください。怪しいものも含まれているかも知れませんが、私は保証しません(笑)

On this site,it is no use of writting something in English,sory. The system will automatically refuse something in English.

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
一般医療機関に医薬品をおろしている医薬品問屋や調剤薬局や民間病院・診療所の関係者が中国人を利用しているわけで、主犯格は日本人です。中国人は売り子として利用され、手数料をもらっている手先にすぎません。医薬品の流通を知らない人は、中国人が全部悪いと思うようですが、それは思いっきり偏見ですよ。
矢吹 徹
2016/08/21 16:42

コメントする help

ニックネーム
本 文
まだまだやっている医薬品不正販売 小説「僕の彼女は中国人」/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる