小説「僕の彼女は中国人」

アクセスカウンタ

zoom RSS 重慶のアップルストア

<<   作成日時 : 2016/08/23 00:36   >>

トラックバック 0 / コメント 0

我が家のiPhone 6 Plusは、Auのものですが、カメラの不具合があるとのアップルのアナウンスに従って手続きをしたので、修理という名目で新品と交換してもらった品です。

交換により、ネットでアップルから購入したiPhone5Cと同じくSIMフリーになりました。ところが、買い物に出かけた先で、息子がコンクリートの上にiPhone 6 Plusを落下させてしまいました。その結果、画面の表面に張られているガラスが割れてヒビだらけになりました。

Auの保険に入っていたので、無償で新品と交換してもらえるとAuのお店で聞いたのですが、交換するとSIMフリーではなくなるかも、と言われたので、交換を止めました。

中国に持って行っても、中国アップルでは修理してくれません。日本のアップルに持って行く場合も有料になると説明されました。

そこで、中国ならどこの街にもある手机維修店で修理を依頼することにして、重慶のお店に行ってみたら、なんと60元(約830円)ほどで、完全な状態にしてもらえました。

そのお店の近くに中国アップルの直販店があるので行ってみました。
画像

店内は、夏休みということもあって、子どもだらけでした。

64GB版のWiFi用iPad mini 4 がお手頃価格だったので、中国用に一台買いました。
画像


ネットでデータを共有出来るので、日本と中国の間を往来する時に荷物が減るので、それなりに満足しています。日本では、iPad mini 2 をずっと使っていますが、故障もなく快適です。

ちなみに、中国の家にはパソコンはWindows7の中国ショップメイドPCを置いていますが、それで十分です。もちろん、日本で日本製を使う場合と何も危険性は変わりません。

実は、中国には誰でもパソコンは自由に持ち込めます。アメリカ人が自分のパソコンを持ち込んで、なんちゃって中国人としてアメリカ国内のパソコンをクラックすることも簡単に出来ます。プログラムのソースファイルのコメントを中国語で書くと、それだけで中国人の犯行だと決めつける単細胞情報弱者が世界中にいますから、なおさらアメリカの自作自演は簡単です。

やらせビデオをYouTubeに流して、“チベット大虐殺、絶望高原”なんてインチキを本気にする馬鹿がたくさんいるのも同じです。私はチベット鉄道に乗って、チベット(西蔵)に行ったこともありますが、ネットは嘘や大袈裟がいっぱいですね。

情報弱者日本白痴録なんか書くと一生のお笑いですよね〜
コメントとして、追加事項や説明を記載することがあります。

読者コメントもよろしくお願いします。

コメント記入欄はそれぞれの記事を書いたページの一番下の方にあります。

このブログのシステムにスパム・リンク(スパム・トラックバック)と判定された場合、なんど同じものを貼っても恒久的に反映されることはなく、自動的にシステムがその書き込み、貼り付けデータを削除します。

たまに釣れる粘着さんのコメントもシステムが自動削除します。気づかずに粘着コメントを書き込んでも誰にも読まれません。

以下の広告は無視してください。怪しいものも含まれているかも知れませんが、私は保証しません(笑)

On this site,it is no use of writting something in English,sory. The system will automatically refuse something in English.

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
重慶のアップルストア 小説「僕の彼女は中国人」/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる