小説「僕の彼女は中国人」

アクセスカウンタ

zoom RSS 最近、中国の女性に人気の日本製品

<<   作成日時 : 2016/09/12 00:05   >>

トラックバック 0 / コメント 0

日本では、出版不況を乗り切る作戦として各社が女性向き月刊誌にブランド品を付録として付けていることは、既に多くの人が知っていることでしょうね。

なんと、その雑誌の付録が日本語が理解できない人も含めて中国の女性の間で人気を集めているんです。

新しい爆買いの対象となって、書店では「お一人様3冊までに制限させていただきます」という表示をしている店もあります。

特に、これらの雑誌はプレミアがついて、定価の三倍程度で売買されています。
画像

画像

二つ目は、ブランドムックと呼ばれる雑誌社とブランドがタイアップしている製品ですね。

実は、プレミアが付くのは中国だけではありません。

次のブランドムックは、日本国内でも定価の2〜3倍で売買されていました。しかも、普段は雑誌を扱っていない通販ショップまでプレミア付きで売っていました。
画像

良く言えば商売上手、悪く言えば目ざといダフ屋、ですね。

日本は素晴らしい国なので、大義名分を捻り出して「日本と中国は違う」というでまかせを言うお馬鹿な人々もいるようです。

よく生きていますね。本当の武士道精神も知らないくせに…
コメントとして、追加事項や説明を記載することがあります。

読者コメントもよろしくお願いします。

コメント記入欄はそれぞれの記事を書いたページの一番下の方にあります。

このブログのシステムにスパム・リンク(スパム・トラックバック)と判定された場合、なんど同じものを貼っても恒久的に反映されることはなく、自動的にシステムがその書き込み、貼り付けデータを削除します。

たまに釣れる粘着さんのコメントもシステムが自動削除します。気づかずに粘着コメントを書き込んでも誰にも読まれません。

以下の広告は無視してください。怪しいものも含まれているかも知れませんが、私は保証しません(笑)

On this site,it is no use of writting something in English,sory. The system will automatically refuse something in English.

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
最近、中国の女性に人気の日本製品 小説「僕の彼女は中国人」/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる