小説「僕の彼女は中国人」

アクセスカウンタ

zoom RSS 久しぶりにWeChat(微信)の売春詐欺

<<   作成日時 : 2016/11/22 00:10   >>

トラックバック 0 / コメント 1

微信の「近くの人」機能を使ってみたら、久しぶりにしてらしい女性を騙る人物がいました。

留学生出張という普通話と呼ばれる標準中国語ではあり得ない表現を使って、張の字だけZhangというピンインを使っているところが笑えました。
画像


痩せ気味でペチャパイの普通の中国女性で、上海っぽい街並みが写っていました。
画像


友達圏を見て、と書かれているので開いてみました。
画像


微信の別のIDを登録してデートすると書かれているので、登録してみたら、いきなり向こうから誘って来ました。
画像


お兄さん今デートしたいの?
2時間で一万五千円よ
フェラから潜望鏡、本番セックス、ストッキング誘惑とかなんでもセットで時間内は何度でもプレイOK
という意味の文章が送られて来ました。

画像


どうやって支払いするの?現金かい?
と故意に質問しました。

あなたは初回のお客さんだから、コンビニに行ってプリペードカードを買ってね。
との返事です。とぼけて分からないふりをすると

今すぐデートしたいんでしょ
というセリフとともにウエッブマネーの写真が送られて来ました。
画像


ウエッブマネーの写真を誘われた男性が送るとスッポかしてデートはありません。写真を送ると相手は短時間のうちにウエッブマネーを使って仲間に送金します。つまり、買春詐欺です。

日本の業者なら違法勧誘として逮捕されることを知っていますから、本番セックスをするとは書きません。

この詐欺師に対抗する人物が夜に出現しました。
画像

詐欺師が使っている写真とセリフを使っている別人です。

しかも、友達圏へのリンクはありません。
画像

詐欺師をからかっているのか、詐欺師に騙されて仕返しをしているのか、それともマヌケな共犯者なのかは不明ですが、最初のIDの人物は、その後はログアウトしました。

他にも月曜日は珍しく4-5個の詐欺師IDを見かけました。

こういう連中を本気で相手になって騙されてしまう馬鹿がいるようです。

よく生きていますね。せめて警察に被害届けを出せばいいのですが、それも出来ないヘタレが多いようですね。恥ずかしいんでしょうね。
コメントとして、追加事項や説明を記載することがあります。

読者コメントもよろしくお願いします。

コメント記入欄はそれぞれの記事を書いたページの一番下の方にあります。

このブログのシステムにスパム・リンク(スパム・トラックバック)と判定された場合、なんど同じものを貼っても恒久的に反映されることはなく、自動的にシステムがその書き込み、貼り付けデータを削除します。

たまに釣れる粘着さんのコメントもシステムが自動削除します。気づかずに粘着コメントを書き込んでも誰にも読まれません。

以下の広告は無視してください。怪しいものも含まれているかも知れませんが、私は保証しません(笑)

On this site,it is no use of writting something in English,sory. The system will automatically refuse something in English.

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
韓国人の金(Kimキム)と名乗る女性も微信で売春デートの客を募っています。

ブス中国人やブス日本人あるいはゲスな日本人男性や中国人男性あるいは韓国人男性が中国人モデルやネットアイドルの写真を盗用しているケースもよくあるパターンです。

騙される方がスケベだから悪いという考え方をしている詐欺師が多いんですね。

たまに本当の娼婦がいますが、本当の娼婦は行為の後で支払いを現金で求めます。先払いは、本当の娼婦なら、しないものです。先払いで買える娼婦ならブスでしょうね。

後払いで美人局で恐喝されるケースもあります。お金の話がないデートの話が多いようですね。
矢吹 徹
2016/11/22 11:43

コメントする help

ニックネーム
本 文
久しぶりにWeChat(微信)の売春詐欺 小説「僕の彼女は中国人」/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる