小説「僕の彼女は中国人」

アクセスカウンタ

zoom RSS WeChat微信の詐欺師に久しぶりにチャットで誘われました

<<   作成日時 : 2017/05/04 18:54   >>

トラックバック 0 / コメント 0

しばらく減少傾向にあった微信(WeChat)のネット風俗詐欺・売春詐欺が4月から急増していますね。

原因は、4月から新しく日本に留学しに来たり、研修生として来日した中国人にネット風俗の勧誘のバイトとして誘いをかけて客がついたら成功報酬を払うと言って、元締めIDを客に登録させる広告塔IDを使って微信を使わせるケースが増えたからです。

バイト感覚で、依頼者から受け取った画像や文章を自分で適当な広告塔IDで登録し、自分の本来のIDを使わない時間に広告塔IDで微信にWiFi環境でログインしたままにしておくわけです。

親玉になっている詐欺師やその側近の詐欺師は自分で時間がある時には、別のIDで客を誘うこともあります。私はつい先日誘われました。
画像

「ハイ!」と声をかけて来たので、適当に相手になりながら、自称女性である相手のプロファイルを見てみました。
画像

画像

留学生と表示していますが、性的なイメージの画像が表示されました。
画像

画像

画像

どの画像も微信でよく使われている画像で、中国サイトやアメリカサイトでも氾濫しています。
親玉に言われた通りに書く馬鹿なので、留学生と言いながら「兼職で性的サービスをしている」とチャットの書き込みをして来ました。
画像

90分1万円3時間2万円、一晩3万円でネットの電子マネーで前払いだと書き込んできました。

世界中に前払いの風俗や売春は実店舗でしかあり得ませんよね。会ってもいない相手に電子マネーを払う奴も馬鹿ですから、騙されればいいんでしょうけど、被害者は増加しているようです。中には本当に売春婦が来て性行為をする例もありますが、ほぼ100パーセントエイズ持ちです。すでに3人のアホな日本人男性がネット買春でエイズ持ちになった例を診察しました。馬鹿ですね。美人局(つつもたせ)でお金を脅し取られた上に梅毒をもらったアホもいました。こういう馬鹿なことにならないよう、医師として読者に警告しておきます。

ちなみに、私に誘いをかけて来た人物を、私は相手になりながら、ちゃっかり微信の運営会社に報告しました。相手との通信を一方的に切断した後、微信の運営会社から受け取った連絡も貼っておきますね。
画像

運営会社が相手について調査し、違法行為をしていることを確認した上で、微信で同じ行為を繰り返せないように設定を済ませた、という通知です。

未だに被害者が増えているって、笑えますね。
コメントとして、追加事項や説明を記載することがあります。

読者コメントもよろしくお願いします。

コメント記入欄はそれぞれの記事を書いたページの一番下の方にあります。

このブログのシステムにスパム・リンク(スパム・トラックバック)と判定された場合、なんど同じものを貼っても恒久的に反映されることはなく、自動的にシステムがその書き込み、貼り付けデータを削除します。

たまに釣れる粘着さんのコメントもシステムが自動削除します。気づかずに粘着コメントを書き込んでも誰にも読まれません。

以下の広告は無視してください。怪しいものも含まれているかも知れませんが、私は保証しません(笑)

On this site,it is no use of writting something in English,sory. The system will automatically refuse something in English.

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
WeChat微信の詐欺師に久しぶりにチャットで誘われました 小説「僕の彼女は中国人」/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる