小説「僕の彼女は中国人」

アクセスカウンタ

zoom RSS ご馳走さま:その10

<<   作成日時 : 2018/07/03 00:24   >>

トラックバック 0 / コメント 0

中国の某街の地下鉄駅の近くの路上に可愛い独身女性、つまり小姐がいました。
画像

一緒に食事をし飲みに行き、彼女のお部屋に…

すっかりリラックスした彼女はなかなか美味しそう…
画像


口説く必要もなく、簡単に戦闘開始
画像

画像

画像

画像

画像


結局は、お泊りしました。

生で中に5-6回出しました。ほぼ徹夜でした。若い時でないと出来ない体験だったかも…

ご馳走さまでした!
コメントとして、追加事項や説明を記載することがあります。

英文による違法サイトへの誘導コメントが増えているので、設定を適宜変更しています。

コメント記入欄はそれぞれの記事を書いたページの一番下の方にあります。

このブログのシステムにスパム・リンク(スパム・トラックバック)と判定された場合、なんど同じものを貼っても恒久的に反映されることはなく、自動的にシステムがその書き込み、貼り付けデータを削除します。

たまに釣れる粘着さんのコメントもシステムが自動削除します。気づかずに粘着コメントを書き込んでも誰にも読まれません。

以下の広告は無視してください。怪しいものも含まれているかも知れませんが、私は保証しません(笑)

On this site,it is no use of writting something in English,sory. The system will automatically refuse something in English.

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ご馳走さま:その10 小説「僕の彼女は中国人」/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる