小説「僕の彼女は中国人」

アクセスカウンタ

zoom RSS 今夜もテレビは面白くありませんね。そんなわけで、ニュースの感想をつらつらと書いてみました

<<   作成日時 : 2012/09/26 20:43   >>

トラックバック 0 / コメント 0

安倍晋三元首相が自民党の新しい総裁に選ばれましたが、中国のメディアは「最も右翼的な総裁の誕生」などと警戒する論調の記事が目立ちます。中国のメディアの日本に対する見方は常にそうだと言っていいほど的外れなことが多いのですが、日本のメディアの中国観もかなり古くて的外れなので、お互い様というところでしょうかね。中国メディアに意見を求められた中国外務省の洪磊・副報道局長は「日本の内政だ」と言っただけで、何も語りませんでした。当然のことですが、賢いやり方ですね。

「もしも安倍晋三元首相が次の首相に返り咲いたら、中日関係はさらに悪くなるのではないか」と心配する記者が中国メディアに多いんです。つまり、中国には日中関係が悪化して中国の経済状況がさらに悪化することを心配しているという本音をちらつかせている記者がいるわけですが、日本のメディアはそこは無視しているところが今のところは多いのかも知れません。もしかしたら、そこまで気にしていないかも知れませんね。

日本のメディアはチャイナリスクを強調するのが得意なようですが、日本の経済自体がとても不安定で脆弱化しているのですから、日中関係の悪化の影響も受けて日本本社が沈没寸前になって海外進出どころではなくなる会社が増える可能性もありますから、日本の経済政策と経済動向に注意を向けておく必要がありますね。いくら“物づくり”が優れていても、販売力や国際競争力とそれは別物ですから、いかにして国際競争力を身につけていくかをもっと本気になって考えてやっていかないと、日本企業はどんどん落ちこぼれていくでしょう。

また、どんなに抗日気運が高まっても、頭のいい会社なら中国での展開は続けるでしょうね。イオンやユニクロが店舗を増やしていく方針を変えていないのは、やり方次第では大化けして儲かる可能性があるからですけど、それが理解できない情報弱者はネットの報道に対して馬鹿丸出しのネガティブ・コメントを書き込んで騒いでいますね。そういう人は日本国内でもやっぱり底辺の人が多いように見えます。

中国に進出するなら、暴動被害特約つき損害保険に加入することも忘れてはいけないわけですが、そんな保険の存在すら知らない、加入を思いつかない情報弱者が中国や発展途上国に進出するのは、最初から間違っているわけです。それを理解できない人がいまだに少なくないのですから、より広く高度な視野を持つ日本人が少ないのも無理はないでしょうね。

日本のマスコミは、口を揃えて「次の総選挙では民主党が後退し、自民党の新総裁が総理大臣になる可能性が高い」と言っていますが、確かにそれは否定できませんね。しかし、それが現実になったとしても、それで日本の経済が立ち直る保証もなければ、TPPの問題が解決する保証もなく、日米同盟や安全保障の問題や領土問題などがよくなるという保証もありません。総裁選では、いろいろ強行なことを言っていた各候補者でしたが、実際に政権を執ることになれば、“話と実際は違う”と言い訳でもするかも知れません。

民主党がこのまま政権を執り続ければ、日本は明らかにアウトです。もっとも大切な経済政策をまともに立案する能力がなく、官僚の操り人形になっている現実を見れば、民主党が日本に巣くった癌であることは明らかですから、叩きのめす必要があるのは論を待ちません。

だからと言って自民党が政権を奪還したらよくなるのかと言えば、それは甚だ疑問です。民主党に政府を運営させておくよりは、自民党にさせる方が日本の延命は期待できるでしょう。社民党のようなお馬鹿政党では話になりませんが、自民党もそれほど優れた政治家がいないのは確かです。

しかし、自民党しか今のところ、少しでもマシな政党はありません。日本維新の会は、ダメですね。公明党と選挙協力をするという時点でゴミ政党であることが露見しました。国会議員の数が欲しいだけで、自力では当選できそうにない落ちこぼれ国会議員を党員として迎え入れていましたが、公開討論会は茶番で終わってしまいました。

地方公務員、特に能無し教師たちは橋下さんが嫌いらしく、週刊誌を中心に橋下たたきや日本維新の会たたきをすると、橋下嫌いの能無したちが購読するので、売り上げ部数が明らかに増えるそうです。そんなわけで、最近ではますます橋下たたき系記事が増える傾向にあるわけですが、そういう橋下さん嫌いな人々の影響も出てくると、日本維新の会は国政に出てもそれほど議席数を確保できるようには思えません。

それに、大阪以外の都道府県の人にとっては、派手なパフォーマンスの橋下さんが危険人物に見える可能性も低くないでしょうから、日本維新の会が思わぬ苦戦を強いられる可能性だってないとは言えません。むしろ、そうなる可能性が高いという評論家もいるんじゃないでしょうかね?私には、日本維新の会は国政に関しては素人の集団にしか見えませんけど…。

さてさて、これから日本はどうなるんでしょうね?
コメントとして、追加事項や説明を記載することがあります。

読者コメントもよろしくお願いします。

コメント記入欄はそれぞれの記事を書いたページの一番下の方にあります。

このブログのシステムにスパム・リンク(スパム・トラックバック)と判定された場合、なんど同じものを貼っても恒久的に反映されることはなく、自動的にシステムがその書き込み、貼り付けデータを削除します。

たまに釣れる粘着さんのコメントもシステムが自動削除します。気づかずに粘着コメントを書き込んでも誰にも読まれません。

以下の広告は無視してください。怪しいものも含まれているかも知れませんが、私は保証しません(笑)

On this site,it is no use of writting something in English,sory. The system will automatically refuse something in English.

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
今夜もテレビは面白くありませんね。そんなわけで、ニュースの感想をつらつらと書いてみました 小説「僕の彼女は中国人」/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる