小説「僕の彼女は中国人」

アクセスカウンタ

zoom RSS 警察官や検事による自白の誘導が明らかにあると考えられる日本にこんな法律があっていいんですかね?

<<   作成日時 : 2012/11/11 16:42   >>

トラックバック 0 / コメント 2

相変わらず、毎日のようにPPS影音やその類似のアプリの使い方やダウンロード方法など関連情報を求めてアクセスしてくる人が後を絶ちません。しかし、中国語が理解できない人や著作権保護法を正しく理解していない人は、この種のアプリを使うべきではないと思います。

中国の動画再生アプリは、どれも日本語表示はできません。日本語字幕も期待してはいけません。中国語が理解できない人は使わないほうが安全です。日本製のドラマやアニメには日本語字幕と中文字幕が表示される動画もありますが、その動画の字幕を消すことも基本的にはできません。日本のアダルトビデオは視聴できません。

PPS.TVやPPTVあるいは優酷などの動画配信・共有サイトおよびそれらの専用アプリで「視聴する」行為は適法であり、視聴することはまったく問題になりません。つまり、刑罰の対象外です。

懲役や罰金といった刑罰を科される恐れがあるのは、権利者の許諾を得ずに違法アップロードされた楽曲やテレビ番組などの著作物をダウンロードする行為なのですが、それも日本国内において著作権利者と認められる権利者がいる場合に限りますし、ダウンロードする人が、ダウンロードしている瞬間に日本国内にいる場合に限定されます。外国旅行中に日本のドラマや映画など手当たり次第にダウンロードしても、日本の国内法の処罰対象にはなりません。

著作物が「有償」か「無償」かで刑罰の対象になるかどうかが変わります。つまり、著作者が著作物を「有償」で消費者(つまり、視聴者)に提供している場合は、それを権利者に無駄でダウンロードすると、著作者に訴えられた場合に限って犯罪として刑罰の対象になります。

つまり、ビデオやDVDなどで販売されているもの、オンデマンド放送で有料視聴する番組、といったお金の支払いを伴わないと視聴できないはずのものを著作権者に無断でお金を払わずにダウンロードすると違法行為になるわけです。

逆に、テレビで過去に放映されたとしても、DVD化されておらず、オンデマンド有料放送などもされていない番組は「無償著作物」の扱いとなり、録画がネットに不正にアップされているのを見つけてダウンロードしても、刑罰対象にならないのです。

仮に違法なダウンロードを行って著作権者に訴えられたとしても、該当するファイルをダウンロードすることが違法であると認識せずにダウンロードしていた場合には、犯罪にはなりません。つまり、刑罰を求めるためには「ダウンロードすれば違法になるファイルとしての認識があったのにも係わらず、故意にダウンロードしたという事実が確認できた場合」でなければ、有罪判決は出ないのが建前上のお約束です。

著作権保護法を知らない人、例えば子どもが自分で見たいアニメを違法にアップロードされた外国のサーバーなどからおとなの協力を得ることなく自分ひとりでダウンロードしたとしても、もっぱら自分一人で楽しんで視聴していただけだという状況なら、おそらく有罪になる可能性はほぼないものと考えられます。

おとなでも場合によっては、有罪にならない可能性もないとは言えませんね。

逆に冤罪を着せられる可能性もありますけどね。遠隔操作ウイルス事件で冤罪を着せられた例でもそうでしたが、警察官や検事による自白の誘導が日本では明らかにあると考えられますからね。こういう人たちも信用できません。自分たちが用意した調書の下書きの内容に即した供述を無理やりさせようとすることだってありえます。

裁判所も怪しい部分はないとは言えませんよね。冤罪判決だって、少なからずやっていますからね。

それにしても、DVDを買ってまで観たいと思うような作品も少ないですね。それに値段も高すぎます。

インターネットで動画や音楽をダウンロードしただけで、2年以下の懲役や200万円以下の罰金を科される可能性があるなんて、厳しすぎますよね。冤罪事件が増えそうな気がしなくもありません。増える可能性はあるでしょうね。

親告罪であり、著作権者が怪しい人を特定して警察に告訴しないと捜査は行われないという話ですが、なんだかうさんくさいですね。
コメントとして、追加事項や説明を記載することがあります。

読者コメントもよろしくお願いします。

コメント記入欄はそれぞれの記事を書いたページの一番下の方にあります。

このブログのシステムにスパム・リンク(スパム・トラックバック)と判定された場合、なんど同じものを貼っても恒久的に反映されることはなく、自動的にシステムがその書き込み、貼り付けデータを削除します。

たまに釣れる粘着さんのコメントもシステムが自動削除します。気づかずに粘着コメントを書き込んでも誰にも読まれません。

以下の広告は無視してください。怪しいものも含まれているかも知れませんが、私は保証しません(笑)

On this site,it is no use of writting something in English,sory. The system will automatically refuse something in English.

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
PPSは動画をダウンロードすることでディスクに録画はできますが、機器に内蔵されているカメラや入力端子からの映像を録画することはできません。

ダウンロードではなく、通常の録画が出来ると思って、その方法を探してくる情報弱者もいます。よくやりますね。
矢吹 徹
2012/12/06 08:15
「PPSアプリ 日本 お金とられる」という馬鹿丸出しのあり得ないことを検索してきた情報弱者がここにアクセスしてきました。

よく生きていますよね。
矢吹 徹
2012/12/19 12:36

コメントする help

ニックネーム
本 文
警察官や検事による自白の誘導が明らかにあると考えられる日本にこんな法律があっていいんですかね? 小説「僕の彼女は中国人」/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる