小説「僕の彼女は中国人」

アクセスカウンタ

zoom RSS 今日も報道について感想をあれこれと…

<<   作成日時 : 2013/02/23 10:37   >>

トラックバック 0 / コメント 3

アメリカを訪問している安倍首相は、日本時間の2月23日未明にオバマ大統領と首脳会談を行い、TPP(環太平洋経済連携協定)について「全ての関税撤廃をあらかじめ約束するものではない」とする共同声明を発表したそうです。

まぁ、安倍さんはTPP参加交渉に元々前向きな腹積もりをしているという報道もありましたし、彼の言葉の端々にそれを窺わせる微妙な表現があったわけですから、オバマ大統領が安倍さんが動きやすいように後押しをするだろうというアメリカのジャーナリストの予想にも、実際の結果にもまったく驚くべきことは見当たりませんでしたね。

この会談で「日米同盟の信頼、そして強い絆は完全に復活したと自信を持って宣言したい」と述べたのは、国内に対するのみならず、中国や韓国への牽制の意味も入っているのはあきらかでしょう。

オバマ大統領は「北朝鮮の挑発的行為に対し、強い行動をとることで一致した」と述べたそうですが、これはアメリカが中国との経済関係を悪化させない配慮をしつつ、軍事面で中国を押さえる意図を遠まわしに表現しているとも取れますね。

沖縄のアメリカ軍普天間基地の移設を早期に進めることでも一致したそうです。私も何度か沖縄に行ったことがありますが、以前にこのブログにも書いたように、普天間基地がいかに危険な立地にあるかは、自分の眼で見れば誰でも理解できると思います。あの基地を移設することは、地元の人々にとってはとても必要かつ重大な案件だと思いますから、一日も早く移転が実現して欲しいですね。

日本政府は2月22日に米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の同県名護市辺野古沿岸部への移設問題に関し、近く同県に埋め立て許可を申請する方針を固めたという報道がありましたが、安倍首相は日米首脳会談で、オバマ大統領にこうした方針を伝えたということのようですね。沖縄の人々は反対する人も多いでしょうけど、このまま県が認可するしかないか、拒否しても国が強制的にことを進めるか、どちらかになってしまいそうです。他の県で受け入れるところがない以上、尖閣諸島をはじめ、日本の国土を守るためには他に方法がないのかも知れません。

アメリカ合衆国との同盟がなくても国土を守れる世界最強の防衛力を持った国に日本がなれることはなさそうですから…。もしアメリカ合衆国と戦争したら、1週間も戦えるかどうかすら怪しいでしょうね。

そのアメリカ合衆国の会社であるアップル社の話題が出ていましたね。

アップルが腕時計のように腕に巻いて使う端末の特許を申請しているそうです。噂のiWatchのことらしいですね。「着用できる動画端末」という表現で特許を申請しているという報道を見ましたが、ディスプレイにはタッチパネルを採用し、本体の形に合わせて画面表示を変えることもできるという話です。

ウルトラマンに出てくる地球防衛軍やウルトラ警備隊の隊員たちが使っている携帯時計形動画チャット機能つき通信装置が実現するんでしょうか?なんだか、興味津々です。普段、私は腕時計は使っていませんが、実現したらネット利用のために買ってしまうかも知れません(苦笑)

そうそう、ネットと言えば、昨日、2月22日午後2時15分頃に警視庁のホームページに「新宿駅で爆弾が爆発する」との爆破予告メールが届いているのを同庁職員が見つけた。爆発物処理班などが出動して調べたところ、爆弾は確認されなかったそうですね。同庁新宿署は悪質ないたずらとみて威力業務妨害などの疑いで捜査しているという報道がありました。

テレビを観ていたら、ニュースで”扉の開いていた西口のコインロッカーから、グレーの不審なスーツケースが見つかったが、パソコンのようなものとハサミが入っていて、爆発物ではなかった”という話でしたね。

その”パソコンのようなもの”の中に何か事件の真相になるような情報が入っていないのか、という点に興味がある人は少なからずいると思います。

私は「一連の遠隔操作ウイルス事件の真犯人が、逮捕されている人物の希望通りに彼の冤罪を証明するための行動に出た」のなら、警察や検察、マスコミの面子が丸つぶれになって個人的には面白く感じることができるのになぁ〜、と思ってしまいました。

理由は簡単です。私は以前からこのブログでも明確にしているように、本質的に警察も検察も裁判所も学校の教師も公務員もマスコミも本質的に信用していませんから、常に疑いを感じながら見ているわけです。

だって、世の中を見ていると、まったく信用できないと感じてしまう出来事ばっかり目立ちますからね。こんな日本社会の中で夢も希望も持てない人は、決して少なくないと思います。
コメントとして、追加事項や説明を記載することがあります。

読者コメントもよろしくお願いします。

コメント記入欄はそれぞれの記事を書いたページの一番下の方にあります。

このブログのシステムにスパム・リンク(スパム・トラックバック)と判定された場合、なんど同じものを貼っても恒久的に反映されることはなく、自動的にシステムがその書き込み、貼り付けデータを削除します。

たまに釣れる粘着さんのコメントもシステムが自動削除します。気づかずに粘着コメントを書き込んでも誰にも読まれません。

以下の広告は無視してください。怪しいものも含まれているかも知れませんが、私は保証しません(笑)

On this site,it is no use of writting something in English,sory. The system will automatically refuse something in English.

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
沖縄県の仲井真弘多知事が2月25日午前に政府が米軍普天間飛行場の移設先としている同県名護市辺野古沿岸部の公有水面埋め立て許可を3月にも知事に申請した場合の対応について、「ボールを投げ返しましょうかね」と述べ、許可しない姿勢をにじませたという報道があります。

記者の主観も入っていそうな表現ではありますが、宜野湾市の人々にとっては少しでも早くあの危険な基地がなくなって欲しいのではないかと思いますし、他の移転先がない以上、どうにもなりそうにありませんけどね。

米軍基地が海外移転してしまえば、他の国が沖縄を占領しにやってくる可能性は否定できないという話もあるでしょう。

これって、県知事が政治的な駆け引きをしているってことなんですかね?

オスプレイごと基地が移転してくれることを第一義として選択する以外に方法があるとは思えませんけど…。

どうなんですかね?

矢吹 徹
2013/02/25 13:59
”県内移設は知事が事実上不可能との立場を鮮明にし、県内全41市町村長が明確に反対している”とのことですが、普天間飛行場の移設が、辺野古沿岸部にV字型滑走路を作って行われるのであれば、つまり、現行案どおりに行われるのであれば、辺野古の人々は必ずしも反対しないと言う地元の声があるという話もありますね。

”辺野古沿岸部にV字型滑走路を作るという現行案は政府とわれわれの合意事項です”と明言する地元住民団体関係者がいるということは、それを無視する地方政治家たちが沖縄にいるということなんでしょうか?でも、”久辺3区の住民の殆どが現行案は生きているという認識で、同案を容認しています”という地方政治家関係者もいるという記事を読んだこともあります。

名護市の市長選挙の際、久辺3区の住民は、各報道機関の出口調査によると70〜80%が移設を支持したという話もあります。辺野古地区有権者の70〜80%が、移設容認の島袋氏に票を投じたとされる報道もあります。

だとすれば、移設に反対する人々はいったい何と戦っているのでしょうか?

まぁ、自社の利益のために読者をたきつける報道をする新聞社はどこの国にもあるという話もありますけど…

どうなっているのか、不思議ですね。
矢吹 徹
2013/02/25 14:37
4人の誤認逮捕を生んだ遠隔操作ウイルス「iesys.exeに使われたプログラミン言語は、C#(シー・シャープ)だそうです。

逮捕された容疑者が勤務する会社の社長は「入社後に彼がC#を使ったと確認できたのは3件あります。ただし、そのうち2件は、C#ですでに組まれていたプログラムをテストしただけ。残り1件は社内研修で少々扱ったくらい。仮にいまも彼がその程度のレベルならば、ウイルスのソースコード(設計図)をいじるのは難しいかもしれない」と発言しています。

容疑者の弁護士は、「彼の身の回りにC#の参考書があったわけでもない。彼のコンピューターにもC#を使った痕跡がない。C#が使えないんだから、ウイルスを作製した真犯人ではないんですよ」と言っているそうです。

当初、実際に容疑者が猫に首輪をつけている映像があると報じられたが、そうした決定的な場面はないと弁護士は推測しているようです。

こういう報道があるということは、冤罪である可能性があるということですね。

容疑者が「猫に首輪をつけたことがない」と言っているわけで、猫の首輪やメモリーカードから容疑者の指紋が出たという話はありません。

検察が逮捕はまだまだと判断していた時に警察が証拠があるとして逮捕したという点も怪しさが感じられます。

本当は、どうなのでしょう?
矢吹 徹
2013/02/26 23:41

コメントする help

ニックネーム
本 文
今日も報道について感想をあれこれと… 小説「僕の彼女は中国人」/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる