小説「僕の彼女は中国人」

アクセスカウンタ

zoom RSS 捻挫をやってしまいました

<<   作成日時 : 2013/10/23 07:26   >>

トラックバック 0 / コメント 1

平成元年に右足の靭帯損傷をやって3か月ほどギブスを巻いたことがあったのですが、その後はたまに痛むことはあってもたいしたことはありませんでした。ところが、最近の1年間ほどで3度も捻挫を繰り返し、かなり痛い目に遭いました。

約1年前の捻挫の時はかなり痛かったのですが、出来そこないの整形外科医に痛風だと誤診されちゃいました。しばらく薬を飲んだのですが、どう考えても症状が一致せず、別の医療機関にいる昔馴染みの医師に相談したところ、案の定、誤診だということが判明しました。

明らかに捻挫だったわけです。2回目の時は自分ですぐにそれと気づいたので鎮痛剤を内服して固定用の特殊なソックスを履いてなんとかひどくなる前に自分で治しました。

つい最近もふとした拍子に同じ右足の捻挫をしてしまいました。前回と同じように対応したのですが、今回はかなりひどかったようで、バイト先の病院に着くと歩けなくなってしまい、外来の車いすを借りて病院内を移動する羽目になってしまいました。看護スタッフたちにとっても優しくしてもらえましたが、同時にほぼすべてのスタッフに面白がられました(笑)

レントゲンを撮り、血液検査を行い、捻挫であることを確認しましたが、血液検査では予想以上に強い炎症所見があり、”道理ですごく痛いはずだ”と思い、自分で納得してしまいました。鎮痛剤を調剤薬局で受け取って内服していますが、それでなんとか我慢出来る程度の痛みに軽減するものの、非常に歩きにくく、自分で自分の歩く姿を想像して笑ってしまいます。

検査をした当日は、病院にいる間はずっと車いすを使っていましたが、それで自分で上手く車いすを使いこなせるようになりました。今の車いすは、ハンドリングがしやすいようにかなり改良されているんですね。20年以上前に車いすに乗った時の経験に比べると、その進歩の程度が実感できました。

それにしても、歩けないって不便で、しかも、辛いですね。”わが身の痛さを知って他人の痛みを知る”とはよく言ったものだと納得しました。痛みは鎮痛剤でかなり抑えることはできますが、関節がグラグラして歩く時に妙な跳ね方をするのって、なんとも言えない違和感と不快感が伴います。

しばらくは薬を飲んで、リハビリの意味で焦らずのんびりと歩行練習をするつもりです。

”痛くて歩けない””痛くて眠れない”という体験は、実際に自分がしてみて初めて本当の辛さがわかるものだと、改めて思いました。

実は、私は過去に病気で死にかけたこともありますし、大学の先輩である内科医に”死んでしまうんじゃないか”と心配させてしまった経験もあるんですが…(苦笑)

ともかく、当面の間は右足の痛みは続きそうです。


ところで、Appleが”iPad Air”と”Retina iPad mini”を発表しましたね。アップルのサイトでは既に新製品がしっかり紹介されています。

iOSで動くわけですから、まずはiPhoneでいろいろなアプリを試してから購入を考えようかとも思いす。タブレットで観る方がビデオはいいわけですが、今のところはいくつかの音楽ビデオアプリしかAndroid用よりも優れているものを見つけていないので、積極的に新型iPadを買う理由が見つかりません。

確かに、物欲というか、所有欲はあるんですけどね(苦笑)
コメントとして、追加事項や説明を記載することがあります。

読者コメントもよろしくお願いします。

コメント記入欄はそれぞれの記事を書いたページの一番下の方にあります。

このブログのシステムにスパム・リンク(スパム・トラックバック)と判定された場合、なんど同じものを貼っても恒久的に反映されることはなく、自動的にシステムがその書き込み、貼り付けデータを削除します。

たまに釣れる粘着さんのコメントもシステムが自動削除します。気づかずに粘着コメントを書き込んでも誰にも読まれません。

以下の広告は無視してください。怪しいものも含まれているかも知れませんが、私は保証しません(笑)

On this site,it is no use of writting something in English,sory. The system will automatically refuse something in English.

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
車いすを操作した影響で、両腕が筋肉痛で大変です。鎮痛剤で右足の痛みは抑えられているのに腕の痛みははきりと感じます。鎮痛剤を飲んでいなかったら、きっと腕の痛みで何も出来ない状態になっていた可能性があります。

やはり、普段から筋力を鍛えておくべきですね。筋力トレーニングを増やすことにしました。
矢吹 徹
2013/10/24 00:07

コメントする help

ニックネーム
本 文
捻挫をやってしまいました 小説「僕の彼女は中国人」/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる