小説「僕の彼女は中国人」

アクセスカウンタ

zoom RSS 金魚の世話

<<   作成日時 : 2014/11/10 08:22   >>

トラックバック 0 / コメント 0

ガス会社のイベントが近所であったので、息子と一緒に出かけました。イベント会場では、日本人はもちろん、顔見知りのペルー人やトルコ人、中国人などいろんな知り合いに出くわしました。そう言えば、すぐ近くの小学校であったバザーの会場でも、彼らに出くわしました。

狭い町なので、何かイベントがあると住んでいる外国人たちがすぐに情報をキャッチしてデジカメを持って見物にやってくるんだろうと思っていましたが、実は市役所にある外国人相談窓口のスタッフが、市内のイベントをメールで在住外国人に広報しているのだそうです。

”なるほど、そういうわけだったのか!”と感心してしまいました(苦笑)

そういうイベントの一つとして紹介されていたのが、くだんのガス会社のイベントだったわけです。

子どもたちが喜ぶいろんなコーナーがあり、金魚すくいの他、ペンギンや伊勢海老、フグなどを触れるコーナーもありました。

うちの息子もそのすべてを楽しんだわけですが、息子の一番の戦利品は金魚でした。
画像

”大きなコップ”のような形をした小さな水槽を買って、そこに金魚を入れたまではよいのですが…

餌をやったり、水を換えたりするのは私のお役に目なってしまいました。

これが意外と大変です。すでに習慣化しつつありますが、困ったものです。

”お父さん、寒いからって、金魚にお湯をかけちゃだめだよ!”

お友達の中に、そういうことをして金魚を死なせてしまった子がいるそうです。

そう言えば、私の同級生の一人である産婦人科の女医さんも、小学校の時にゼニガメと金魚にポットのお湯をかけて瞬殺してしまったという強者(つわもの)がいました。彼女のその話は、いろんな病院の医師たちの間でも知られているようです(笑)

他にも同じことをしたという人を何人か知っていますが、男性よりも女性に多い傾向があるようです。

息子いわく、”女の子って、意外と残虐だよね、こわ〜”

6歳にしてこれですから、この先、どうなりますことやらw
コメントとして、追加事項や説明を記載することがあります。

読者コメントもよろしくお願いします。

コメント記入欄はそれぞれの記事を書いたページの一番下の方にあります。

このブログのシステムにスパム・リンク(スパム・トラックバック)と判定された場合、なんど同じものを貼っても恒久的に反映されることはなく、自動的にシステムがその書き込み、貼り付けデータを削除します。

たまに釣れる粘着さんのコメントもシステムが自動削除します。気づかずに粘着コメントを書き込んでも誰にも読まれません。

以下の広告は無視してください。怪しいものも含まれているかも知れませんが、私は保証しません(笑)

On this site,it is no use of writting something in English,sory. The system will automatically refuse something in English.

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
金魚の世話 小説「僕の彼女は中国人」/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる