小説「僕の彼女は中国人」

アクセスカウンタ

zoom RSS ちょいエロ系中国的DQNなお馬鹿画像

<<   作成日時 : 2016/02/23 10:22   >>

トラックバック 0 / コメント 0

相変わらず、日本は外国人がたくさん旅行に来ていますね。先日も所要があって奈良市に出かけたのですが、電車の中は外国人でいっぱいでした。

左隣のカップルはイギリス人だとうことが会話でわかり、右隣のカップルは中国人で東北訛りを話していました。周囲には別の中国人カップルや家族があり、韓国人青年もいました。

みんな、それとわかるいでたちで、思い思いに話をしていましたが、言葉の違いでどこの人かがよくわかりました。みんな観光の後はどこで何を買うか、という話題で盛り上がっていました。

外国人観光客を官民をあげて優待しているのは、天然資源の乏しい日本としては当然やるべきことです。

諸外国では外国人には法外な値段をふっかける習慣がある国の方が多いのですが、日本は伝統的にお客様は神様であり、たくさん買ってくれるお客様を優待するのは当然であるという拝金主義が無意識の中にまで根付いています。

いくら日本人でも、お金がなければ相手にされないのが、日本のビジネス社会の伝統です。

その現実をわかっていない人々が、「それは本当に必要なことなんでしょうか。免税なんかにしなくても、訪日外国人客は日本で買い物をするはずです」などと批判するのは、的外れもいいところです。日本人なのに、日本人の特性を理解していないわけですから、お話にすらなりません。

東京の高級ブランドの店では日本人の買い物客の肩身が狭くなるという現象が起きているという記事を書いているジャーナリストもいますが、お金持ちが優待されるのは、当たり前です。外国でもお金持ちは、普通の人の目には触れないように配慮して優待を受けています。外国に住んでビジネスをしている日本人の中には、そういう現実を知らない人が少なくないようです。

売り場は「爆買い客」優先の接客で、少額の買い物客である日本人は歯牙にもかけてもらえないのは当然です。それがくやしいなら、高級デパートの外商部の会員様になって、担当者を自宅に呼びつけて宝石などの高級品を優雅に買ったり、高価な洋服をゆっくり選べるような地位や収入を確保すればいいんです。私は、そんな無駄はしませんけどね。

人権なんてお金の問題です。お金で股間を開く日本女性もたくさんいますよね。現実を無視して、机上の空論を並べても無意味です。

では、今回も中国のフリー画像を紹介します。


そりゃ、気になるよね
画像


たれていそうだ
画像


誘っているんだね
画像


巨女
画像


溢れている
画像


元カノが結婚式に乱入するとは…
画像


客を無視してネットに夢中
画像


愛は場所を選ばない
画像


中年のおねぇ〜来店
画像


日本から来たらしい小心者の痴漢
画像
コメントとして、追加事項や説明を記載することがあります。

読者コメントもよろしくお願いします。

コメント記入欄はそれぞれの記事を書いたページの一番下の方にあります。

このブログのシステムにスパム・リンク(スパム・トラックバック)と判定された場合、なんど同じものを貼っても恒久的に反映されることはなく、自動的にシステムがその書き込み、貼り付けデータを削除します。

たまに釣れる粘着さんのコメントもシステムが自動削除します。気づかずに粘着コメントを書き込んでも誰にも読まれません。

以下の広告は無視してください。怪しいものも含まれているかも知れませんが、私は保証しません(笑)

On this site,it is no use of writting something in English,sory. The system will automatically refuse something in English.

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ちょいエロ系中国的DQNなお馬鹿画像 小説「僕の彼女は中国人」/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる