小説「僕の彼女は中国人」

アクセスカウンタ

zoom RSS 中国的高級黄店の接待小姐フリー画像集

<<   作成日時 : 2016/10/28 00:20   >>

トラックバック 0 / コメント 0

某県立病院は私の母校出身の医師がほぼ全員で、9割が後輩に当たるのですが、いつもお馬鹿な治療をした患者をお馬鹿な診療情報提供書を添えて紹介してきます。

例えば、パーキンソン病患者に抗パーキンソン病薬の拮抗薬を飲ませて症状を悪化させていることに気づいていないというケースがあり、転院と同時に処方を変更したところ、すっきり良くなって元気良く退院してくれた高齢男性患者がいました。

私はもともと小児科医ですが、総合診療科医であり、小児神経科からリハビリテーション科を兼任しているうちに、いつの間にかERと総合診療科で全科を診るようになり、小児科は血液、感染症、神経科を中心に小児総合診療科を担当するようになり、産科救急の研修を受け、内科系疾患や整形外科疾患の患者のリハビリテーションあるいは訪問診療まで、手広くするようになりました。

そんなわけで、いろんな疾患を観ています。脳梗塞は新生児から高齢者まで全年齢で見られる疾患であるという事実を知らない医師に遭遇することもあり、驚くこともあります。つい最近、脳出血の患者を紹介されたのですが、紹介してきた神経内科の医師はその患者に脳梗塞の治療に使う抗血小板薬を二種類併用していました。つまり、脳出血が起きる可能性が高い薬剤を処方していたのです。

この県立病院は、その県でいちばん大きいと威張っているのに実力のない医師が圧倒的に多く、パラメディカルスタッフまで、他の病院のスタッフに対して横柄なことで業界では有名です。

でも、そんな病院は全国にあります。それが現実です。

さて、今回もタイトル通りに中国のフリー画像を紹介します。お楽しみください。

思い切って高額を提示したら、こんな反応が…
画像


なんだかまぶしい
画像


どう味わえばいいんだ?
画像


童貞のチューター女郎
画像


今夜は寝ないぞ!
画像


高級按摩小姐
画像
コメントとして、追加事項や説明を記載することがあります。

読者コメントもよろしくお願いします。

コメント記入欄はそれぞれの記事を書いたページの一番下の方にあります。

このブログのシステムにスパム・リンク(スパム・トラックバック)と判定された場合、なんど同じものを貼っても恒久的に反映されることはなく、自動的にシステムがその書き込み、貼り付けデータを削除します。

たまに釣れる粘着さんのコメントもシステムが自動削除します。気づかずに粘着コメントを書き込んでも誰にも読まれません。

以下の広告は無視してください。怪しいものも含まれているかも知れませんが、私は保証しません(笑)

On this site,it is no use of writting something in English,sory. The system will automatically refuse something in English.

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
中国的高級黄店の接待小姐フリー画像集 小説「僕の彼女は中国人」/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる