小説「僕の彼女は中国人」

アクセスカウンタ

zoom RSS 中国的ツンデレギャルをいただく

<<   作成日時 : 2018/04/15 00:27   >>

トラックバック 0 / コメント 0

中国では、40代後半以上の父親が20代の実の娘と腕を組んで街中を歩くことは珍しくありません。夫婦でも15ー20歳ぐらい歳の差がある夫婦も珍しくありません。ですから、中年のおじさんが若いギャルと腕を組んで歩くケースは少なくありません。

でも、そんなことを知らない視野の狭い日本人、とくに日本人駐在員の妻たちは「昼からいやらしいことはしないで欲しい、気分が悪くなる」なんて無知丸出しの批評をする馬鹿が昔も今も少なくありません。

体裁ばかりで中身のない人々は、中身を知らずに見た目で判断するんですよね。しかも、折角外国にいるのにその国の言葉も中途半端にしか学ばず、地元の人との交流はほとんどないまま日本人同士で固まって過ごしている馬鹿が多い傾向にあります。その反面、グループ化していて日本人同士でイジメや派閥間抗争まであります。レベルの低い日本人は、そんなもんです。

中国では、中国人よりもやたら「日本人同士だから…」と言って近づいて来る日本人が人間的には一番信用出来ません。それが現実です。


さて、本題です。

約束の時間に30分ほど遅れて待ち合わせのカフェテラスに着くと彼女は怒りまくっていました。
画像


彼女の美しさを褒めたたえて持参した花束をひざまづく様に差し出して機嫌をとってなんとか部屋に連れ込みましたが…

おばさんみたいにベッドの上に寝転んでマグロを決め込んだ様子で、ピクリとも動きませんでした。
画像


そこで、彼女をお姫様抱っこでソファーの上に運び、彼女とはそれまでしたことのない体位で攻めてみました。
画像

画像

膝の上に乗せて後方から徹底的に攻めました。普段はしない体位なので、互いに興奮してしまいました
画像


可愛い美人が私は大好きです。フランス女性やスペイン女性も美味しいのですが、中国や日本あるいは韓国の女性に比べて大味ですから、たまになら遊びますが、継続的に付き合う気にはなりません。
コメントとして、追加事項や説明を記載することがあります。

英文による違法サイトへの誘導コメントが増えているので、設定を適宜変更しています。

コメント記入欄はそれぞれの記事を書いたページの一番下の方にあります。

このブログのシステムにスパム・リンク(スパム・トラックバック)と判定された場合、なんど同じものを貼っても恒久的に反映されることはなく、自動的にシステムがその書き込み、貼り付けデータを削除します。

たまに釣れる粘着さんのコメントもシステムが自動削除します。気づかずに粘着コメントを書き込んでも誰にも読まれません。

以下の広告は無視してください。怪しいものも含まれているかも知れませんが、私は保証しません(笑)

On this site,it is no use of writting something in English,sory. The system will automatically refuse something in English.

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
中国的ツンデレギャルをいただく 小説「僕の彼女は中国人」/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる